本文へジャンプする

現在のページ

産業

環境保全型農業直接支援対策

環境保全型農業直接支援対策の申請について

支援対象となる農業者


 (1)国際水準GAPに関する研修を受講していること。 
 (2)GAP理解度・実施内容確認書に記載した、自ら必要と考える取組を実施していること。
 

申請受付期間


【今年度の受付は終了しました。】
 

全国共通取組

■堆肥の施用 + 化学肥料・化学合成農薬の5割以上低減
・主作物の栽培期間の前後のいずれかに堆肥を施用し土壌診断をした上で施用後の作物について施肥管理計画を策定する取組
・支援単価

施用対象作物

堆肥の種類

施用量
(10a当り)

支援単価
(10a当り)

水稲

牛ふん堆肥または
豚ぷん堆肥

0.5t以上~概ね1.0t以上

2,200円

概ね1.0t以上

4,400円

上記以外の堆肥

概ね1.0t以上

4,400円

水稲以外

牛ふん堆肥等

概ね1.0t以上

4,400円


■有機農業
・主作物について化学肥料及び化学合成農薬を使用しない取組
・支援単価
     8,000円/10a (ただし、飼料作物については3,000円/10a)

■カバークロップ + 化学肥料・化学合成農薬の5割以上低減
・主作物の栽培期間の前後のいずれかに緑肥等を栽培し、すき込む取組
・支援単価
  8,000円/10a (ただし、ヒエの種子を使用する場合は、7,000円/10a)
 

地域特認取組

■冬期湛水管理 + 化学肥料・化学合成農薬の5割以上低減
・適切な取水措置、漏水防止対策を講じた上で、冬期間の水田に2ヶ月以上水を張る取組
・支援単価
   4,000~8,000円/10a

■江の設置 + 化学肥料・化学合成農薬の5割以上低減
・水稲の本田内に栽培期間中を通じて湛水することができる江(溝)を設置する取組
・支援単価
  3,000~4,000円/10a

■炭の投入 + 化学肥料・化学合成農薬の5割以上低減
・主作物の栽培期間の前後いずれかに、植物を炭化して製造した炭(木炭、竹炭、籾殻くん炭等)をほ場に施用する取組
・支援単価
  5,000円/10a

■リビングマルチまたは草生栽培 + 化学肥料・化学合成農薬の5割以上低減
・主作物の畝間に麦類や牧草等を作付け、または園地に麦類や牧草等を作付けた後、すき込む取組
・支援単価
  5,000~8,000円/10a

申請・その他について

  • 申請受付: 平成30年度は、H30.6/26(火)までに提出してください。
  • 申請書類: 
  1. 農業者様式1
  2. 農業者様式2
  3. 農業者様式3
  4. 農業者様式4
  5. 様式第1号

GAP関係書類について

  • GAPの取組に関する様式に記入し、提出してください。
  1. 様式第16号(GAP理解度・実施内容確認書)
このページに関するお問い合わせ

産業振興部農政課

電話番号:0256-77-8245

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る