本文へジャンプする

現在のページ

産業

燕市チャレンジ・ファーマー支援事業《リニューアル!》

 燕市では、農業所得向上を目指して新たにチャレンジする農家等を下記の区分により支援します。

Ⅰ.規模拡大支援

≪対象者≫
 認定農業者(後継者の申請も可)、人・農地プラン掲載者、設立後3年以内の農業生産法人、または3戸以上の農業者等で構成する任意の団体等   
≪対象要件≫
   農地中間管理機構から農地の賃借権又は使用貸借による権利の設定を受け、新たに集積することにより、申請時の経営面積が、申請前年度と比較して増加(個人1ha以上、法人2ha以上)していること、かつ、申請年度を含む向こう3ケ年度以内に農地中間管理機構を通じて集積を行い、新たに経営面積の増加(個人2.5ha、法人5ha)が見込まれること。ただし、圃場整備事業による地域集積等の理由から、増大した経営面積については要件の算定から除きます。  

 

  申請時(前年度からの増加面積) 集積計画(向う3年)
個人 1ha以上 2.5ha
法人 2ha以上 5ha
 
 





≪支援内容≫
 補助率 事業費の1/4(上限150万円)
 
≪補助対象経費≫
 経営規模拡大により必要な新たな設備導入費、または既存の設備更新費
 ※設備更新については、既存設備能力を超える新たな設備入替のみ対象となります。
 ※汎用性の高い機器等の導入費は補助の対象となりません。

Ⅱ.複合営農支援

 水田を活用し新たに「水田フル活用ビジョン作物※」の栽培(転作)に取り組むものや燕市産農産物を活用し新たな特産品開発に係る経費の一部を補助します。
 
◎水田フル活用ビジョン作物

大豆 なす えだまめ
長ねぎ きゅうり トマト
さといも たまねぎ キャベツ
アスパラガス ブロッコリー いちじく


≪対象者≫
 認定農業者(後継者の申請も可)、人・農地プラン掲載者、農業生産法人、または3戸以上の農業者等で構成する任意の団体等
 
≪支援内容≫
 補助率 事業費の1/4(上限50万円)
 
≪補助対象経費≫
 複合営農化に向けて必要となった機械器具及びその付帯設備等の導入費用。
 新たな特産品開発に向けての開発経費
 ※汎用性の高い機器等の導入費は補助の対象となりません。

 

Ⅲ.販売促進支援

 GAP等の規格認証の取得を行う場合に必要な周辺整備や独自で農産物の販路の構築、拡大を目指す取り組みに対し、その経費の一部を補助します。

≪対象者≫
 認定農業者(後継者の申請も可)、人・農地プラン掲載者、農業生産法人、または3戸以上の農業者等で構成する任意の団体等

≪補助対象経費≫
・GAP等の規格認証を取得するための経費(取得費並びに必要な周辺整備に係る費用)
※更新費用は対象外となります。

・独自に販路構築や拡大を目指すために必要となる設備導入等にかかる経費
※汎用性の高い機器等の導入費は補助の対象となりません。

申請・その他について

◎申請受付:  平成30年は、4月2日から随時
※予算に達した時点で受付を終了致します。
 
◎申請書類:様式第1号【交付申請書】(Word:12KB)
      様式第2号【事業計画書(変更事業計画書、事業実績書)】(Word:17KB)
      様式第8号【認定前着手届】(Word:13KB)
◎事業チラシ:H30年度チラシ(PDF:780KB)

その他不明な点などありましたら、市役所農政課へお問い合わせください。
 
Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

産業振興部農政課

電話番号:0256-77-8245

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る