本文へジャンプする

現在のページ

子育て・福祉・健康

緊急通報システム設置事業

 この事業は、65歳以上のひとり暮らし高齢者などに緊急通報機器などを貸与し、急病や災害時に迅速な対応を図ることを目的としています。ひとり暮らし高齢者の「毎日の安心」と「いきいきとした暮らし」を支えます。

利用者宅に設置する機器 

 緊急時に利用者が受信センターへ連絡する緊急通報機器・ペンダント型送信機、壁などに取り付け、一定の期間、利用者の安否が確認できない際には受信センターに異常を知らせる安否確認センサー、火事の際に自動で受信センターへ通報する火災センサーがあります。
 
  • 緊急通報装置本体

 
  • ペンダント型送信機

 
  • 安否確認センサー

 
  • 火災報知器


 

緊急通報時の対応方法



(1)利用者からの緊急通報(本体、ペンダント、安否確認センサー、火災報知器のいずれからでも通報できます)
(2)センターから利用者宅に電話で連絡します。同時に必要に応じて消防への出動要請、緊急連絡先への連絡を行います。
※緊急時は3人体制で迅速・確実に対応します。ご利用者から緊急の通報が入った際は看護師を含めた3人で対応します。
 

緊急通報システム設置事業の詳細

 
項目 説明
対象者 (1)65歳以上のひとり暮らしの人
(2)65歳以上の高齢者世帯で、ほかの家族が病弱または寝たきりの人
設置機器 (1)緊急通報機器本体 (2)ペンダント型送信機 (3)安否確認センサー
(4)火災センサー ※(3)(4)は自動で受信センターに通報が入ります。
緊急時の
対応
ボタンを押すことにより、受信センターに通報され、救急車が駆けつけて
速やかに救助を行います。
受信体制 24時間365日対応します。
受信対
応者
看護師などの専門スタッフが対応します。
受信内容 緊急時を含めた相談通報(試し押し、間違い、健康相談、寂しい…
など)を受け付けます。
健康相談 相談専用ボタンを押すことで、専門スタッフがさまざまな相談に
対応します。
高齢者の
心のケア
受信・お伺い電話・相談などを同一の受信センターで行うため、
一貫したケアが可能。寂しい時の話し相手から、メンタル相談も
対応可能です。
お伺い
電話
受信センターから月1回お電話をします。
健康状態の確認からシステムのご説明、ご利用者との
コミュニケーション作りを通して、安心感の提供につなげます。
利用者
負担
市民税非課税世帯 500円/月
市民税課税世帯 1,000円/月


 
このページに関するお問い合わせ

健康福祉部長寿福祉課

電話番号:0256-77-8175

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

子育て・福祉・健康

ページの先頭へ戻る