本文へジャンプする

現在のページ

暮らし

水道局からのお知らせ

悪質な訪問販売にご注意ください

 最近、水道局職員を装ったり、水道局から依頼されたと偽って、ご家庭を訪ね、水道管の清掃や浄水器の取り付けなどを行う悪質な訪問販売が多数発生しています。
 水道局では、給水管の点検・清掃、電話アンケートや依頼のない水質検査、浄水器の取り付けや購入の斡旋などは一切行っていません。
 不審に思われたときは、「身分証明書」の提示をお求めになるか、水道局施設課給水維持係(電話番号0256-64-7400)までお問い合わせください。
 
※燕市内で水道工事や水道メータ取替を行うのは指定を受けた「燕市指定給水装置工事事業者」だけです。

※問題のある訪問販売等の被害にあったときは、新潟県消費生活センター(電話番号025-285-4196)にご相談ください。

埋設管の破損事故にご注意ください

 水道は重要なライフラインです。
 埋設管(配水管・給水管)の破損事故が起きますと市民の生活に多大な影響を与えます。
 埋設管付近での工事においては細心の注意をお願いします。
 
■公道において掘削工事を行う際は、事前に管の埋設状況を照会下さい。
 ○提供可能な情報:管の位置、種類、口径、埋設深度、埋設年度
  (布設年度等により提供できる情報が限られる場合があります。)

■現場立会いによる確認も行いますので、必要により要請をお願いします。
 
※埋設状況は原則として電話やFAX等ではお答えできません。水道局施設課給水維持係の窓口にて「他工事管理票」をご記入いただき照会下さい。
『他工事管理票』(39.0KB)

※正確な情報管理に努めていますが、現況と一致しない場合もありますので、現地調査による確認をお願いします。

※給水台帳に記載されている情報(給水装置など)は、個人情報ですので、照会する際には所有者の「委任状」が必要となります。
『委任状』(30.0KB)

指定給水装置工事事業者の皆さまへ(障害者差別解消法の施行に向けて)

 平成28年4月1日から「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(通称:障害者差別解消法)」が施行されます。
 この法律は、障がいを理由とする差別を解消するための措置などについて定めることによって、すべての国民が障がいの有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現につなげることを目的としています。
 つきましては、燕市指定給水装置工事事業者の皆さまにおかれましても、下記のリンク「障害者差別解消法衛生事業者向けガイドライン」をご確認いただき、同法についてご理解いただくとともに、障がい者の差別解消に向けた取り組みを積極的に進めていただきますようお願いいたします。

「障害者差別解消法衛生事業者向けガイドライン」掲載ホームページ(厚生労働省)
 

圧力タンクや、ポンプの取扱いにご注意ください

 大分県内の小規模の水道施設において圧力タンクが破裂し、点検中の3名の方が死傷する事故が発生しました。
 水道施設等の圧力タンクや、ポンプの使用については、特に以下の点に注意しましょう。

・異常があるときは、専門家に相談しましょう。
・メーカー等の定期点検を必ず受けましょう。
・運転状況や使用年数により部品は劣化します。交換時期を表示するなど工夫し、定期的に部品の交換、修
 理を実施しましょう。
・使用上の注意点は、わかりやすい所に掲示し、確認できるようにしましょう。
・圧力タンク等の上に物を置いたり、乗ったりしないようにしましょう。
・機器の耐用年数等を把握し、適切に機器の更新を行いましょう。
このページに関するお問い合わせ

水道局施設課

電話番号:0256-64-7400

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る