本文へジャンプする

現在のページ

暮らし

高齢者宅への消火器売りつけ商法にご注意を!


最近、一人暮らしや判断力不足の高齢者宅へ消火器を高額な値段で売りつけた、という事案が発生しました。

☆ポイント

・悪質業者は、一人暮らしや判断力不足等の高齢者宅を周囲の家に聞いてやって来ます。
・消火器を16,000円という高額な金額で売りつけます。
・悪質業者は、業者名を名乗らず領収書も出しません。(クーリングオフを防止するため?)
・業者名、住所、購入金額、日付が分かれば、クーリングオフできます。
・特定商取引法により訪問販売では、業者が家に入る場合は、事業者氏名の明示や再勧誘の禁止が規定されています。
・また、判断力不足者への訪問販売の売買、役務契約も禁止されています。

※少しでも不審と思われる場合は、その場ですぐ市民課消費生活相談窓口や警察に相談してください。



■相談・問合せ
市民課消費生活相談窓口     電話0256-77-8302(直通)
                         燕警察署     電話0256-94-0110

ページの先頭へ戻る