本文へジャンプする

現在のページ

暮らし

戸籍・住民登録・外国人住民・印鑑

戸籍の届出

 
このようなとき 種類 届け出 必要なもの
子どもが
生まれたとき
出生届 出生した日を含め14日以内
  • 出生届書(出生証明書)
  • 届出人(父または母)の印鑑
  • 母子健康手帳

※ 児童手当・医療費助成(子ども・妊産婦)等の手続きで下記のものが必要になります。

  • 健康保険証(お子さんが入る予定のもの)
  • 預金通帳(児童手当の請求者名義のもの)
※希望者に記念撮影・誕生証の交付を行っています。
死亡したとき 死亡届 死亡の事実を知った日から7日以内
  • 死亡届書(死亡診断書)
  • 届出人の印鑑

 

※ 後日の手続きで下記のものが必要になります。
  • 燕市からお出ししている保険証等
結婚したとき 婚姻届 届けた日から成立します
  • 婚姻届書(証人欄に成年者2名の署名・押印)
  • 燕市に本籍のない人は戸籍の全部事項証明書(謄本)
  • 夫、妻それぞれの印鑑(届出書に押したもの)
  • 本人確認できる書類(下記※を参照)
  • 未成年者が婚姻する時は父母の同意書
※希望者に記念撮影・結婚証の交付を行っています。  
離婚したとき 離婚届 裁判離婚の場合は調停成立・審判確定・判決確定から10日以内
  • 離婚届書
  • 届出人の印鑑
  • 本人確認できる書類(下記※)を参照
  • 協議離婚の場合、証人(成年者2名)の署名・押印
  • 裁判離婚の場合、調停調書の謄本、または審判書もしくは判決の謄本と確定証明書
  • 燕市に本籍のない人は戸籍の全部事項証明書(謄本)
※本人であると確認できる主なものとは次のようなものです。
  • 官公署が発行した写真入りの身分証明書

(運転免許証、パスポート、個人番号カード、住民基本台帳カード(顔写真付で有効期限内のもの)等)

 

住民登録

※受付時間は月曜日~金曜日の午前8時30分~午後5時15分までになります。
※異動する本人以外が来庁される場合、委任状(PDF/162KB)が必要となる場合があります。
 
このようなとき 種類 届け出期間 必要なもの
市外から引っ越してきたとき 転入届 住み始めた日から14日以内
  • 届出人の印鑑
  • 本人確認できる書類(下記※を参照)
  • 転出証明書(前住所地の市区町村長が発行したもの)
  • 住民基本台帳カード(交付を受けている人のみ)    
市外へ引っ越しをするとき 転出届

転出日前後14日以内
※郵便による転出届についてはこちらをご覧ください。
  • 届出人の印鑑
  • 本人確認できる書類(下記※を参照)
  • 燕市からお出ししている保険証等
市内で引っ越しをしたとき 転居届 住み始めた日から14日以内
  • 届出人の印鑑
  • 本人確認できる書類(下記※を参照)
  • 燕市からお出ししている保険証等
  • 住民基本台帳カード(交付を受けている人のみ) 
※本人であると確認できる主なものとは次のようなものです。
  • 官公署が発行した写真入りの身分証明書

(運転免許証、パスポート、個人番号カード、住民基本台帳カード(顔写真付で有効期限内のもの)等)

 

外国人住民

印鑑登録

燕市に住民登録をしてある15歳以上の方は、1人につき1個、印鑑を登録できます。
※印鑑登録の流れについてはこちらをご覧ください(PDF/138KB)

 

登録できない印鑑

・既製印
・三文判
・欠けた印鑑
・氏名の全部または一部を表していないもの
・職業や資格、その他氏名以外の事項を表しているもの
・印影を鮮明に表しにくいもの
本人が登録される場合に必要なもの
 
 
 
(即日交付が
できます)

1.本人が直接窓口で申請される場合

(1)登録する印鑑
(2)本人確認できる書類(下記※を参照) 
 
2.本人が保証人を用いて申請される場合

(1)登録する印鑑
(2)保証人の印鑑登録証と印鑑登録された印鑑

※保証人は燕市で印鑑登録をしている方に限ります。

(本人確認できる書類を持参できない場合は、下記と同様の取り扱いとなります。) 
   
 
代理人が登録される場合に必要なもの
 
 
(即日交付は
できません)

本人の意思による申請であるかどうかを確認するため、郵送にて印鑑登録照会書を発送します。

1.代理人を用いて申請される場合

(1)登録する印鑑
(2)代理人の認印
 


 ※本人であると確認できる主なものとは次のようなものです。
  • 官公署が発行した写真入りの身分証明書   
(運転免許証、パスポート、個人番号カード、住民基本台帳カード(顔写真付きで有効期限内のもの)等)
 

戸籍・住民登録・印鑑関係の証明

※本人以外の方が請求(申請)される場合は、委任状(PDF/162KB)が必要となる場合があります。
※郵便による請求についてはこちらをご覧ください。(印鑑登録証明書を除く)

 
種類 申請場所 必要なもの 手数料
戸籍全部事項証明書(謄本)
戸籍個人事項証明書(抄本)
市民課 
電話 0256-92-1111
本人確認できる書類 1通450円
除籍全部事項証明書(謄本)
除籍個人事項証明書(抄本)
改製原戸籍謄本
改製原戸籍抄本
本人確認できる書類 1通750円
戸籍附票(全部・一部) 本人確認できる書類 1件300円
身分証明書 本人確認できる書類 1件300円
独身証明書 本人確認できる書類 1件300円
受理証明書
届書記載事項証明書
本人確認できる書類
※ 死亡届の記載事項証明書について詳しくはこちら
1通350円
住民票(世帯全員・一部) 本人確認できる書類  1件300円
住民票記載事項証明 本人確認できる書類  1件300円
印鑑登録証明書 印鑑登録証 1件300円
※本人確認できる書類とは主に次のようなものです。
  • 官公署が発行した写真入りの身分証明書

(運転免許証、パスポート、個人番号カード、住民基本台帳カード(顔写真付で有効期限内のもの)等)

 
Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

市民生活部市民課

電話番号:0256-77-8125

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る