本文へジャンプする

現在のページ

暮らし

ゆたんぽを安全に正しく使用しましょう!

低温やけど、過熱、漏れなどの事故を防止しましょう


 寒くなるにつれ、ゆたんぽの使用機会も多くなるため、特に以下の点に気を付け、事故を防止しましょう。

1 使用中の低温やけどを防ぎましょう。
長時間身体に接触させないようにしましょう。
◯布団を温めた後は、就寝前にふとんから出しましょう。

2 加熱・充電時に過熱等によるゆたんぽの破損や破裂、やけどをふせぎましょう。
◯製品ごとに指定された加熱方法、加熱時間を守って加熱しましょう。

3 お湯などの内容物の漏れによるやけどを防ぎましょう。
◯使用前によく確認し、ゆたんぽに亀裂や破損がないか確認しましょう。
◯使用中に製品の異常に気付いたらすぐ使用を中止しましょう。

 また、ご家庭にあるゆたんぽがリコール対象になっていないか確認しましょう。
そのまま使用すると充電中の発火や、材質の劣化によりお湯漏れなどの事故になることがあります。

問合せ先

  ■消費者庁消費者安全課:電話03-3507-9137
             Fax03-3507-9290

ページの先頭へ戻る