本文へジャンプする

現在のページ

暮らし

豆・ナッツ類は、3歳ころまで食べさせないようにしましょう!

 3歳未満の子どもは、奥歯が生えそろわず、かみ砕く力や飲み込む力が十分ではありません。気道も狭い子どもが豆やナッツ類を食べると、気道に入って気管支炎や肺炎を起こしたり、窒息したりするおそれがあります。

誤嚥防止のため、以下のことに注意しましょう。
(1) 豆やナッツ類は、3歳ころまでは食べさせないでください。
(2) 小さく砕いた豆やナッツ類も食べさせないでください。
(3) 兄姉がいる家庭では、兄姉が豆やナッツ類を食べていても、食べさせないでください。
(4) 少し大きい子どもの場合も、誤嚥しないように、食べることに集中させ、落ち着いてゆっくりとかみ砕いて食べさせるようにしてください。
(5) 節分の豆まきをした後は、子どもが拾って口に入れないように、豆の後片付けを徹底しましょう。

 

問合せ先

■消費者庁消費者安全課:電話03-3507-9200(直通)
 

ページの先頭へ戻る