本文へジャンプする

現在のページ

暮らし

「ジェネリック医薬品」をご利用ください

近年の医療の高度化に伴い、家計に占める医療費の割合は年々大きくなっております。
そこで燕市国民健康保険では、被保険者の医療費負担を軽減する対策の1つとして、現在処方されている医薬品をジェネリック医薬品へ切り替える取り組みを推進しております。
このお知らせをご覧になり、「ジェネリック医薬品」に切り替えてみたい方は、初めに医師や薬剤師にご相談いただきますようお願い申し上げます。

「ジェネリック医薬品」をご存知ですか?

医療機関で処方される医薬品には、新薬(先発医薬品)とジェネリック医薬品(後発医薬品)の2種類があります。新薬は、最初に製造・販売される薬で、その開発には長い時間と膨大な費用がかかります。そこで、新薬には、独占的に販売できる期間があります。その期間が過ぎると同じ有効成分の薬を他のメーカーが、開発、販売できるようになります。これが、「ジェネリック医薬品」で、開発コストが安く抑えられるために、価格が安くなっています。

「ジェネリック医薬品」の効果・安全性は?

「ジェネリック医薬品」は、新薬と同じ有効成分を使用しているため、効果・効能は新薬とほとんど同じです。
また、新薬同様に薬事法に基づき厳しい試験をクリアして販売されるので、品質、有効性、安全性は新薬と変わりません。

「ジェネリック医薬品希望カード」の提示は?

「ジェネリック医薬品」を希望するには、「ジェネリック医薬品希望カード」を医師・薬剤師などに見せて相談してください。(カードがなくても相談する事ができます。)
「ジェネリック医薬品」は医療用薬剤品ですので、病院や診療所などの医師による処方せんが必要です。処方せんの内容を確認し、「ジェネリック医薬品変更不可欄」に医師の署名がなければ、ジェネリック医薬品に変更できます。
なお、薬剤師から「ジェネリック医薬品」の特徴や価格、変更した際の注意点などについて説明を受けてください。

すべての薬に「ジェネリック医薬品」がある?

新薬の特許期間中は、開発メーカー以外のメーカーが新薬と同じ成分の薬を製造することができませんので、すべての医薬品に「ジェネリック医薬品」があるわけではありません。

ジェネリック医薬品希望カードが必要な人に差し上げます。

カードは、保険年金課国保係(1階9~11番窓口)にご用意しています。
郵送をご希望の場合は、保険年金課国保係にご連絡ください。
このページに関するお問い合わせ

健康福祉部保険年金課

電話番号:0256-77-8132

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る