本文へジャンプする

現在のページ

暮らし

毎年受けよう特定健診

『特定健康診査』(以下、特定健診)は、病気、特に「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」を予防するために、医療保険者(保険証発行元)が実施主体となり実施している健康診査です。

私たちの健康をおびやかす、がん、心臓病、脳卒中、糖尿病などの生活習慣病は、特に症状がないため、気づかないうちに進行します。

これらの病気の進行を早期に発見するために、毎年特定健診を受けることが重要です。
昨年の結果と今年の結果を比べることで、早い段階での変化に気づくことができます。
昨年受診されなかった人も今年から毎年必ず受けて、健康づくりに役立てましょう。

対象者は

その年度の4月1日時点の加入者でその年度内で40歳から74歳までの国民健康保険加入者全員です。 (燕市国民健康保険以外の医療保険に加入されている人はご自分の加入している医療保険者に問い合わせください。)

燕市では

「人間ドック」か「市で行う健康診査」のどちらか1つを受診することとなります。
「人間ドック」は事前申請となり、申請した人には受診票を発行します。受診日に受診票を検診機関に提出すると助成後の金額で受診することができます。( 人間ドック関連のページはこちら )
「市で行う健康診査」は上記特定健診対象者で人間ドックを希望していない人に、特定健診受診票を発行します。集団健診となりますので、都合のよい日時に指定された場所で受診してください。

医療費の増加を抑制

生活習慣病は、生活習慣の改善で予防・減少できるといわれています。生活習慣病を発症し重症化してしまうと、医療費の支出が増えるばかりでなく、通院・入院、さらには退職などにより、家計に大きく影響するおそれがあります。特定健診を毎年受診することにより、生活習慣病の発症や重症化を予防できれば、ご家庭の医療費の支出が抑えられるだけでなく、国保が負担する医療費も削減できます。また、特定健診を受ける人が少なければ、ペナルティとしてより多くの長寿医療制度(後期高齢者医療制度)への支援金を負担しなければならなくなり、結果として国民健康保険税があがるということにもつながります。受診票が届きましたら、必ず特定健診を受診しましょう。
このページに関するお問い合わせ

健康福祉部保険年金課

電話番号:0256-77-8132

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る