本文へジャンプする

現在のページ

暮らし

介護保険料

介護保険料についてご案内します。

介護保険料の対象者(被保険者)

  • 第1号被保険者…65歳以上の人
  • 第2号被保険者…40歳から64歳までの人で医療保険に加入している人

第1号被保険者(65歳以上の方)の保険料について

 介護保険制度の3年に一度の見直しに伴い、介護保険料についても見直しが行われます。
 平成27年度はこの見直しの時期にあたり、保険料額が変更となりますのでお知らせいたします。
 

第6期(平成27年度~平成29年度)介護保険料


燕市の基準額:75,600円
所得段階 対象者 年間保険料額
第1段階
(基準額×0.5)
生活保護受給の方
世帯全員が市民税非課税の老齢福祉年金受給者
世帯全員が市民税非課税かつ本人の【課税年金収入額】と【合計所得金額】の合計額が80万円以下
34,000円
(※1)
第2段階
(基準額×0.75)
世帯全員が市民税非課税 本人の【課税年金収入額】と【合計所得金額】の合計額が80万円を超え120万円以下 56,700円
第3段階
(基準額×0.75)
本人の【課税年金収入額】と【合計所得金額】の合計額が120万円を超える 56,700円
第4段階
(基準額×0.9)
本人が市民税非課税で世帯員が市民税課税 本人の【課税年金収入額】と【合計所得金額】の合計額が80万円以下 68,000円
第5段階
(基準額×1.0)
本人の【課税年金収入額】と【合計所得金額】の合計額が80万円を超える 75,600円
第6段階
(基準額×1.2)
本人が市民税課税 【合計所得金額】が120万円未満 90,700円
第7段階
(基準額×1.3)
【合計所得金額】が120万円以上190万円未満 98,300円
第8段階
(基準額×1.5)
【合計所得金額】が190万円以上290万円未満 113,400円
第9段階
(基準額×1.7)
【合計所得金額】が290万円以上 128,500円
 

※1 第1段階については、本来37,800円ですが負担軽減のため34,000円に減額になりました。(決定通知書の額はあらかじめ軽減後の額を記載しております。手続等は特に必要ありません。)

・【課税年金収入額】…税法上課税対象とされる老齢基礎年金や厚生・共済年金等の公的年金等の収入金額です。
・【合計所得金額】…税法上の各種所得控除前の金額で、実際の収入とは異なります。
・保険料額算定の基になる課税年金収入額及び合計所得金額は前年のものとなります。



 ●平成29年度の介護保険料について

         平成29年度介護保険料のお知らせ(PDF/266KB)

         介護保険料の決まり方(PDF/166KB)
 

介護保険料の納め方

第1号被保険者

  1. 特別徴収
    老齢(退職)年金・障がい年金・遺族年金を、年額18万円以上受給している方 は、保険料が年金から天引きされます。
    ただし、年度途中で65歳になった場合やほかの市区町村から転入した場合 、所得段階に変更などがあった場合は、一時的に普通徴収になります。
  2. 普通徴収
    特別徴収対象外の方は、金融機関などへ納付書で納めていただきます。
    なお、お支払いは、便利な口座振替をご利用ください。(口座振替のページへリンク)

第2号被保険者

国民健康保険に加入している人は、医療と介護をあわせて国民健康保険税として世帯主が納めます。
職場の医療保険に加入している人は、医療保険の保険料と介護保険料をあわせて給与及び賞与から差し引かれます。

介護保険料(普通徴収)の納付期限

期別 納付期限 期別 納付期限
第1期 4月30日 第7期 10月31日
第2期 5月31日 第8期 11月30日
第3期 6月30日 第9期 12月25日
第4期 7月31日 第10期 1月31日
第5期 8月31日 第11期 2月 末日
第6期 9月30日 第12期 3月31日

※納付期限が土・日曜日の場合、翌金融機関営業日となります。



前のページに戻る

税金一覧のページに戻る

このページに関するお問い合わせ

税務課市民税2係 市役所2階6番窓口へどうぞ。

電話 0256-77-8144(直通)

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る