本文へジャンプする

現在のページ

暮らし

非自発的失業における国民健康保険税の軽減について

平成22年度から国民健康保険税が軽減される場合があります             

 平成22年度分から倒産・解雇などで職を失った非自発的失業者の国民健康保険税について、離職日の翌日の属する月からその月の属する年度の翌年度末までの間、前年所得の給与所得を100分の30として算定します。
 「雇用保険受給資格者証」を持参のうえ、税務課へご相談ください。

<対象>
・雇用保険の受給資格者証の離職理由コードが「11・12・21・22・23・31・32・33・34」のいずれか
・離職日翌日時点で65歳未満の人

※65歳以上の人、離職日が平成21年3月30日以前の人は対象になりません。
 

申告に必要なもの                               

・国民健康保険特例対象被保険者等に係る届出書(税務課市民税2係にあります)
・雇用保険受給資格者証(写しの場合は裏面及び続紙がある場合はそれらを含む)
・印鑑
 


前のページに戻る

国民健康保険税のページに戻る

税金一覧のページに戻る

このページに関するお問い合わせ

税務課市民税2係 市役所2階7番窓口へどうぞ。

電話 0256-77-8144(直通)

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る