本文へジャンプする

現在のページ

暮らし

年間保険税の決め方(平成29年度)

 加入者ごとに医療分の合計+支援分の合計+介護分の合計を求めます。
 世帯主へ郵送する納税通知書の税額は世帯単位となるので、加入者ごとの保険税の合計となります。
 

医療分                                    

(イ) 所得割額(所得に応じて計算する額)
   (前年の総所得金額等-基礎控除33万円)×8.1%
(ロ) 均等割額(世帯の加入者に応じて計算する額)
   世帯のうち、国民健康保険に加入している人数×25,200円
(ハ) 平等割額(1世帯あたりに平等にかかる額)
   24,600円
課税限度額
  (イ)+(ロ)+(ハ)の合算額が54万円を超えた場合は54万円になります。
 

支援分                                    

(ニ) 所得割額(所得に応じて計算する額)
   (前年の総所得金額等-基礎控除33万円)×2.9%
(ホ) 均等割額(世帯の加入者に応じて計算する額)
   世帯のうち、国民健康保険に加入している人数×8,800円
(へ) 平等割額(1世帯あたりに平等にかかる額)
   8,600円
課税限度額
  (ニ)+(ホ)+(へ)の合算額が19万円を超えた場合は19万円になります。
 

介護分                                    

 40歳から64歳までの介護保険2号該当者が対象となります。
(ト) 所得割額(所得に応じて計算する額)
 (前年の総所得金額等-基礎控除33万円)×2.3%
(チ) 均等割額(世帯の該当者に応じて計算する額)
 世帯のうち国民健康保険に加入している40歳から64歳までの人数×15,800円
 
課税限度額
 (ト)+(チ)の合算額が16万円を超えた場合は16万円になります。
 

(例)4人世帯で国保加入の場合                          

  医療分 支援分 介護分
Aさん(50歳) (イ)+25,200円 (二)+8,800円 (ト)+15,800円
Bさん(45歳) (イ)+25,200円 (二)+8,800円 (ト)+15,800円
Cさん(25歳) (イ)+25,200円 (二)+8,800円 なし
Dさん(68歳) (イ)+25,200円 (二)+8,800円 なし
平等割額 24,600円 8,600円 なし
 4人分の医療分、支援分、介護分のそれぞれの額を合計した額が当世帯の国民健康保険税です。
 

国民健康保険税の計算方法は、住民税とは異なります                

 課税対象となる総所得金額等からの社会保険料、生命保険料、扶養、配偶者などの所得控除は、国民健康保険税では適用されません。
 
国民健康保険税の場合                                        
総所得金額等 - 基礎控除 = 課税総所得金額
 申告分離課税所得も総所得金額等に含みます。
 
所得税、住民税の場合                                        
総所得金額等-(社会保険料・生命保険料・扶養・配偶者等)-基礎控除=課税総所得金額
 

 

前のページに戻る

国民健康保険税のページに戻る

税金一覧のページに戻る

このページに関するお問い合わせ

税務課市民税2係 市役所2階7番窓口へどうぞ。

電話 0256-77-8144(直通)

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る