本文へジャンプする

現在のページ

暮らし

軽減措置

  軽減措置                                    

 世帯主(国保に加入していない世帯主を含む)、国保被保険者、特定同一世帯所属者(※)の前年の所得が一定基準以下の世帯は、均等割額及び平等割額が軽減されます。
 
 軽減を受けるための申請は必要ありませんが、税務署や本市の税務課へ所得申告が済んでいない未申告の方は、軽減の対象とはなりません。
 
(※)特定同一世帯所属者とは
特定同一世帯所属者とは、国民健康保険から後期高齢者医療制度に移行することにより被保険者の資格を喪失した方で、資格を喪失した日の前日の属する月以後、継続して同一の世帯に属する方をいいます。
 
 


軽減対象世帯                                            

 
加入
者数
世帯の年間所得
7割軽減
33万円以下
5割軽減
33万円+(27万円×人数)以下
2割軽減
33万円+(49万円×人数)以下
1人 330,000円以下 600,000円以下   820,000円以下  
2人 330,000円以下 870,000円以下   1,310,000円以下  
3人 330,000円以下 1,140,000円以下   1,800,000円以下  
4人 330,000円以下 1,410,000円以下   2,290,000円以下  
5人 330,000円以下 1,680,000円以下   2,780,000円以下  
 
未申告の方は軽減されませんので、所得のない場合でも申告が必要です。
 

 

前のページに戻る

国民健康保険税のページに戻る

税金一覧のページに戻る

このページに関するお問い合わせ

税務課市民税2係 市役所2階7番窓口へどうぞ。

電話 0256-77-8144(直通)

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る