本文へジャンプする

現在のページ

暮らし

特別徴収(年金からの天引き)の対象者

特別徴収(年金からの天引き)の対象者                      

 特別徴収の対象者となる方は、65歳から74歳までの「世帯主」の方で、次の1から3のすべてに該当する方です。ただし、口座振替による納付の申し出をしている方及び年度途中で75歳になる方は除きます。
 
1.世帯主が国民健康保険の加入者であること
2.世帯内の国民健康保険の加入者全員が65歳から74歳までであること
3.世帯主が受給する年金の年額が18万円以上で、国民健康保険税と介護保険料の合算額が年金額の2分の1を超えないこと
注意                                               
 以下の場合は、今までどおり、納付書又は口座振替による納付(普通徴収)となります。
 
・世帯主が国民健康保険加入者でない場合
 (例:世帯主が会社などの健康保険、後期高齢者医療制度加入者など)
・世帯主が受給する年金が年額18万円未満の場合
・世帯内に65歳未満の国民健康保険加入者がいる場合
 (例:63歳の妻と一緒に国民健康保険に加入している)
・介護保険料の年金からの徴収との合算額が年金額の2分の1を超える場合
 
 

新たに特別徴収となる世帯                            

 納付方法が新たに特別徴収となる世帯につきましては、徴収開始前にあらかじめご案内いたします。
 
 新たに10月から特別徴収(年金からの徴収)となる場合
 
納付月 納付方法
4月~9月 普通徴収
10月・12月 特別徴収
2月 特別徴収
当期の税額が次年度の仮徴収額
 4~9月は納付書又は口座振替で納付(普通徴収)し、普通徴収税額を差し引いた残額を10・12・2月の年金から特別徴収します。
 翌年度以降は仮徴収という形で、2月の特別徴収額と同額を4・6・8月に特別徴収いたします。
 

 

前のページに戻る

国民健康保険税のページに戻る

税金一覧のページに戻る

このページに関するお問い合わせ

税務課市民税2係 市役所2階7番窓口へどうぞ。

電話 0256-77-8144(直通)

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る