本文へジャンプする

現在のページ

暮らし

納税証明書(市民税・県民税)(固定資産税)

主な用途

・金融機関から借り入れをするとき
・保証人になるとき
・官公署に提出
 

記載される内容

・課税額及び納税済額
(注)所得額は記載されません。
(市・県民税で所得額が記載された証明書が必要な方は、「市民税・県民税課税(非課税)証明書、所得証明書」をご申請ください。)

※「納付済額」には、市役所で納付の確認ができた金額が記載されます。
 金融機関等で納付いただいた場合、市役所で納付の確認ができるまでに数週間かかりますので、納付後すぐに納付した金額を反映した証明書が必要な場合には、金融機関等の領収印のある領収書をお持ちください。また、口座振替の方は、口座振替後に記帳した通帳をお持ちください。
 

交付している場所及び時間

・市役所1階 市民課総合証明窓口
・市役所2階 3・4番窓口 収納課管理係(納税証明窓口)
  月曜日から金曜日(祝・休日、年末年始を除く)の午前8時30分から午後5時15分まで
・燕サービスコーナー/分水サービスコーナー
  月曜日から金曜日(祝・休日、年末年始を除く)の午前8時30分から午後5時15分まで
(※サービスコーナーでは、窓口に来られた方と同一世帯の方のみ証明書の交付をしています。委任状を必要とする交付の取り扱いはできませんのでご注意ください。)

【ご注意】 以下の納税証明書は、収納課(市役所2階 3・4番窓口)で発行します。
      ・法人市民税の納税証明書
      ・制度資金・入札参加用 リフォーム申請等 納税証明書
 

申請することができる方                             

  必要なもの
本人及び同居の親族 ・納税証明書交付申請書(申請窓口にあります)
・窓口に来る方の本人と確認できる書類(運転免許証・住民基本台帳カード・健康保険証など)
・手数料
※直近に納付した金額がある場合には、領収印のある領収書
代理人 ・納税証明書交付申請書(申請窓口にあります)
・窓口に来る方の本人と確認できる書類(運転免許証・住民基本台帳カード・健康保険証など)
・委任状(本人の自署と押印のあるもの)
・手数料
※直近に納付した金額がある場合には、領収印のある領収書

<固定資産税の納税証明書で法人の場合>
・納税証明書交付申請書(申請窓口にあります。)
・法人の代表者印、又は代表者印の押印のある委任状
・窓口に来る方の本人と確認できる書類(運転免許証・住民基本台帳カード・健康保険証・社員証など)
・手数料
※直近に納付した金額がある場合には、領収印のある領収書

 

手数料

1通につき300円

 

前のページに戻る

税金一覧のページに戻る

このページに関するお問い合わせ

市民生活部収納課

電話 0256-77-8155(直通)

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る