本文へジャンプする

現在のページ

暮らし

償却資産の申告をお忘れなく

 会社や個人で工場や商店・農業などを経営している人が、その事業のために用いることのできる機械・器具・備品などの資産を償却資産といいます。償却資産は、土地や家屋と同じように固定資産税の課税対象となります。
 
 燕市内に償却資産を所有する人は、地方税法第383条(固定資産の申告)の規定により、毎年1月1日現在の資産所有状況を市へ申告していただくことになります。平成28年度申告があった人や該当する資産があると見込まれる人には、12月中旬に申告書を発送いたしましたので期限までに申告をお願いします。
 なお、償却資産の増加・減少がない人も申告が必要となります。
 ※該当する資産があるのに申告書が届かなかった場合は、税務課資産税係までご連絡をお願いします。
 

●償却資産の例

(1)構築物 … 舗装路面、広告塔、消雪設備、門扉など
(2)機械、装置 … 製造機械、加工機械、プレス・溶接機械、乾燥機、もみすり機など
(3)車両、運搬具 … フォークリフト(大型特殊自動車)、台車、構内運搬具など
           ※自動車税や軽自動車税の課税対象となる資産は除きます。
(4)工具、器具、備品 … 応接セット、ロッカー、事務機器、音響機器、冷暖房機器、陳列ケース、
                                  看板、自動販売機、理容・美容器具、医療器具など
            ※リース資産はリース会社が申告しますので、申告は不要です。
 

●申告書提出期限 平成29年1月31日(火)

申告書を郵送される人で、控えの返送が必要な場合は、切手を貼った返信用封筒を同封してください。
 

●提出・問い合わせ

税務課資産税係 市役所2階9・10番窓口
電話 0256-77-8145・8146(直通)

 

前のページに戻る

固定資産税のページに戻る

税金一覧のページに戻る

このページに関するお問い合わせ

税務課資産税係 市役所2階9・10番窓口

電話 0256-77-8146・8148(直通)

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る