本文へジャンプする

現在のページ

暮らし

税金のよくある質問

Q 退職後、「市民税・県民税 税額決定納税通知書」が送られてきましたが、なぜですか。また、すぐに就職する場合はどのような手続きが必要ですか。

A 回答
退職後に届いた納税通知書の内容は次のどちらか、または両方であると思われます。
(1)退職した年度に特別徴収される予定だった市民税・県民税の残額 (特別徴収は、通常6月から翌年5月までの12回です)。
(2)前年中、退職所得以外の所得に対してかかった市民税・県民税

 なお、特別徴収される予定だった市民税・県民税の残額を、退職の際に一括徴収された方については、(1)の納税通知書はお送りしていません。
 

■納付の必要の有無と就職の際の手続きについて

 送られてきた納税通知書の納期限を確認し、就職を予定している日よりも納期限が前にある納期分があれば、その納期分については納期限までに納めてください。

 第1期の納期限の前に就職した場合や、就職した時点で納期限が過ぎていない納期分があるときは、至急、納税通知書を勤務先の給与担当等にお持ちになり、給与から徴収する方法への切り替えをご相談ください。
 お手続きの日程によっては、直近の納期限を過ぎてしまう場合もありますのでご注意ください。
 

■すでに全額を納付した場合

 納税通知書で全額を納付した場合は、課税年度の次の年の5月までは会社の給与から市民税・県民税が徴収されることはありません。
 

■公的年金等に係る市民税・県民税の特別徴収については

 65歳以上の方については、公的年金等に係る市民税・県民税は、原則として公的年金等からの特別徴収となり、給与からの特別徴収はできません。

 

前のページに戻る

個人市民税・県民税のページに戻る

税金一覧のページに戻る

このページに関するお問い合わせ

税務課市民税1係 市役所2階5番窓口

電話 0256-77-8142(直通)

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る