本文へジャンプする

現在のページ

暮らし

税金のよくある質問

Q 固定資産の評価替えとはなんですか。

A 回答
 過去3年間における資産価格の変動に対応し、評価額を見直すことです。
 固定資産税は、固定資産の価格を適正に反映した価格、すなわち「適正な時価」を課税標準として課税します。土地と家屋については原則として3年間評価額を据え置いています。本来は、毎年度評価替えを行うことが理想的です。

 しかし、市内にある膨大な量の土地や家屋について、毎年度見直すことは実務的に不可能です。また、課税事務の簡素化を図り、徴税コストを最小に抑える必要もあることなどから、3年ごとに評価額を見直す制度がとられています。平成27年度が評価替えの基準年度にあたり、評価額の見直しを行いました。次の評価替えは平成30年度です。

 

前のページに戻る

固定資産税のページに戻る

税金一覧のページに戻る

このページに関するお問い合わせ

税務課資産税係 市役所2階9・10番窓口

電話 0256-77-8146・8148(直通)

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る