本文へジャンプする

現在のページ

暮らし

税金のよくある質問

Q 平成23年9月に住宅を新築しました。平成27年度分から今まで納税していたよりも税額が急に高くなりました。なぜですか。

A 回答
 新築の住宅に対する減額適用期間が3年を経過して、終了したためです。

 新築の住宅に対して、一定の要件にあたるときは、新たに固定資産税が課税されることとなった年度から3年度分(長期優良住宅においては5年度分)に限り、120平方メートルまでを税額を2分の1に減額します。つまり、あなたの場合は、平成24年度から26年度分の税額を2分の1に減額していたわけです。したがって、税額が急に高くなったのは減額適用期間が終了し、本来の税額になったためです。

 また、3階建以上の中高層耐火住宅などで一定の要件にあたるときは、新たに固定資産税が課税されることとなった年度から5年度分(長期優良住宅においては7年度分)に限り、税額を2分の1に減額します。

 

前のページに戻る

固定資産税のページに戻る

税金一覧のページに戻る

このページに関するお問い合わせ

税務課資産税1係 市役所2階9・10番窓口

電話 0256-77-8146・8148(直通)

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る