本文へジャンプする

現在のページ

暮らし

税金のよくある質問

Q 土地や建物の所有者(納税義務者)が亡くなりました。固定資産税について手続きは必要ですか。

A 回答

■土地や建物の名義変更について

(1)土地、登記されている建物の場合
 法務局で相続登記の手続きが必要です。相続登記が完了すると、法務局への登記内容が市役所へ通知され、手続きが完了した年の翌年度から新しい所有者に納税通知書を送付します。
 登記について詳しくは新潟地方法務局三条支局(三条市東裏館2丁目22番3号 電話0256-33-1375)へお問い合わせください。

(2)登記されていない建物がある場合
 市役所(税務課資産税係・電話0256-77-8146)へ「家屋補充課税台帳名義変更届」を提出してください。手続きが完了した翌年度より新しい所有者に納税通知書を送付します。
 

■相続人代表者指定変更届の提出について

 年内に法務局での相続登記が完了しない場合は、翌年度の納税通知書を確実にお届けするために、納税通知書などを受け取る「相続人代表者」を定めるため「相続人代表者指定変更届」の提出をお願いしています。

 この届け出は、固定資産税の書類送付先を定めるものであり、この届け出で相続が確定するものではありません。


関連情報
家屋補充課税台帳名義変更届(PDFファイル 72.0KB)
相続人代表者指定変更届(PDFファイル 110.0KB)

 

前のページに戻る

固定資産税のページに戻る

税金一覧のページに戻る

Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

税務課資産税係 市役所2階9・10番窓口

電話 0256-77-8146・8148(直通)

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る