本文へジャンプする

現在のページ

暮らし

税金のよくある質問

Q なぜ介護保険料を納めなければならないのですか。

A 回答
 介護保険は、社会全体で「介護」を支え合う制度です。これにかかる費用のうち、半分は国・県・市の公費(税金)で、もう半分は被保険者の納める保険料でまかなわれています。

 介護保険制度は、社会全体で介護を支え合うという共同連帯の理念に基づくものですので、40歳以上の方全員が法律上強制的に加入し、保険料を納付する義務を負っています。したがって、介護サービスの必要の有無にかかわらず、保険料は負担していただくことになります。

 また、納めていただいた保険料は、介護保険運営(保険給付、介護予防事業など)に使用されていますので、介護サービスを受けなかったとしても介護保険料をお返しすることはありません。

 

前のページに戻る

介護保険料のページに戻る

税金一覧のページに戻る

 
このページに関するお問い合わせ

税務課市民税2係 市役所2階7番窓口へどうぞ。

電話 0256-77-8144(直通)

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る