本文へジャンプする

現在のページ

暮らし

新型コロナウイルス感染症の影響による介護保険料の減免について

令和2年7月1日更新

新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減った場合など一定の基準を満たした方は、介護保険料が減免される場合があります。

 ●減免簡易判定フローチャート

 ●減免計算例

対象となる被保険者と減免割合

1 新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡又は重篤な傷病を負った第一号被保険者
  →保険料を全額免除

2 新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の収入減少(※)が見込まれる第一号被保険者
 ※主たる生計維持者が
  (1)事業収入や給与収入などのいずれかが、前年に比べて10分の3以上減少する見込みであること
  (2)収入減少が見込まれる種類の所得以外の前年の所得の合計額が400万円以下であること
  →下記のとおり、保険料の全額又は一部を減額

    減免対象の保険料額(A×B÷C)に減免割合(D)をかけた金額が減額されます。

      A:第一号被保険者の保険料額
      B:世帯の主たる生計維持者の減少が見込まれる収入にかかる前年の所得額
      C:世帯の主たる生計維持者の前年の合計所得金額
      D:減免割合(表のとおり)
合計所得金額が200万円以下の場合 全部(10分の10)
合計所得金額が200万円を超える 10分の8
※申請に当たっては、収入を証明する書類が必要となります。

対象となる保険税
 令和元年度分及び令和2年度分の保険料で、令和2年2月1日から令和3年3月31日までの納期限のもの

申請に必要なもの
 1 介護保険料減免申請書
 2 収入状況申告書
 3 本人確認書類(運転免許証・健康保険証等)
 4 納税通知書
 5 収入減少を証明できる書類(給与明細書、収支台帳等)

関連書類様式
 ●介護保険料減免申請書
   Word形式   PDF形式   記入例

 ●収入状況申告書
   Word形式   PDF形式   記入例

 ●減免簡易判定フローチャート

 ●減免計算例


介護保険料のページに戻る
このページに関するお問い合わせ

税務課市民税2係 市役所2階7番窓口へどうぞ。

電話 0256-77-8144(直通)

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る