本文へジャンプする

現在のページ

暮らし

ごみの減量化について

今、地球温暖化が地球規模の問題として大きく取り上げられています。
ごみを減らすと、ごみ収集、焼却、埋め立てなどに使われるエネルギーも減るので温暖化の抑止にもつながります。

ごみの減量化のポイントをご紹介します。

ごみを減らす4つのR

「4R」ってご存知でしょうか?
ごみを減らすために必要なこと、それがこのRefuse(リフューズ)断る、Reduce(リデュース)発生抑制、Reuse(リユース)再使用、Recycle(リサイクル)再生利用という、4つの言葉に詰まっています。この4つを実行することが、ごみの減量化に、そして資源を有効利用することに役立ちます。

Refuse:リフューズ [断る] 不要なものを断ろう

不要なもの、必要ないものは「いりません」と断ることで、ごみを減らすことができます。買い物の際、マイバッグを使用しすれば不要なレジ袋を断断ることができますし、自宅で食べる食品であれば、不要な割箸やスプーンを断ることができます。

リフューズ

Reduce:リデュース [発生抑制] ごみを減らそう

洗剤やシャンプーなどを買い替える際、詰め替え用のものを買ったり、食べ残しを出さないように食事の量や、買い物の量を調整することで家庭から出るごみを減らすことができます。マイボトルを持ち歩くことで減らすことのできるごみもあります。むだなごみをなくす方法を実践しましょう。

Reuse:リユース [再使用] 繰り返し使おう

今あるものをできる限り利用する、これは、ものにも資源にもやさしい大切な行動です。すべてのものに愛情を持ち、最後の最後まで利用すること。これがリユースです。

再使用

Recycle:リサイクル [再生利用] 分別して再生利用しよう

ごみを減らし、何度も再使用した結果、どうしても残ってしまったものの最後の手段がリサイクルです。また、リサイクルしてできた商品(再生品)を使うことも大切です。

再生利用

レジ袋の削減にご協力ください

  • レジ袋300億枚と環境問題
    スーパーなどで買い物をしたときにもらうレジ袋。環境省によると、現在国内で使われるレジ袋は、年間約300億枚。これは一人当たり、年間で約260~300枚使っている計算になります。レジ袋のほとんどはポリエチレン製で石油を原料にしているため、300億枚のレジ袋を作るために、毎年約60万キロリットル(大型タンカー2隻分)の石油を消費しています。地球の限りある資源を、レジ袋を作るために浪費しているのです。また、現在深刻さを増している地球温暖化の主な原因である二酸化炭素(CO2)はレジ袋の製造過程と、レジ袋をごみに出して燃やす焼却過程、どちらからも排出されています。
    レジ袋

  • 容器包装リサイクル法とレジ袋の有料化
    平成19年4月から、「容器包装に係る分別収集及び再商品化の促進等に関する法律」(容器包装リサイクル法)の改正法が施行されました。容器包装リサイクル法はレジ袋を含む「容器包装ごみ」の量をこれ以上増やさないために、分別収集し、資源としての再利用を推進することを目的としています。これからは市区町村などの自治体だけでなく、事業者やわたしたち消費者にも容器包装廃棄物の削減が求められていくでしょう。これに関連して、レジ袋の有料化を実施するスーパーやコンビニエンスストアなどが増加傾向にあります。レジ袋の消費量を減らすのが狙いで、価格は1枚当たり5~10円としている販売店が多く見受けられます。
     
  • マイバッグ・マイふろしきを持ち歩こう
    わたしたち消費者がレジ袋を使わなくなることで、石油の消費量が減り資源の浪費を抑えることができるだけでなく、製造過程と焼却過程で排出されるCO2の量が減り、地球温暖化防止にも貢献することができます。レジ袋でなくても、バッグやふろしきをつくる過程でも、CO2は排出されます。素材によっては、石油が使われる場合もあるでしょう。しかしレジ袋と違って、これらは繰り返し使うことができます。レジ袋に比べると、全体的なCO2の排出量や石油の使用量はかなり抑えることができるのです。これからは一人ひとりが、環境問題を意識しながら生活を見直していく時代です。「わたしたちの家庭から地球をまもろう」という気持ちを持って、まずはマイバッグ、マイふろしきを持ち歩くことから始めてみましょう。
    マイバッグ

問い合わせ先

  • 生活環境課 環境政策係 TEL0256-77-8167(直通)
このページに関するお問い合わせ

市民生活部生活環境課

電話番号:0256-77-8167

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る