本文へジャンプする

現在のページ

暮らし

天ぷら油のリサイクル

ご家庭でお使いになった天ぷら油は新聞紙に吸わせたり、油処理剤で固めたりして 燃えるごみに出されています。

もしかすると、処分に困って台所から直接下水に流されているケースも・・・。
大さじ1杯の天ぷら油を下水に流すと浴槽10杯分以上の水で薄めなければ、魚が住める水質に戻らないといわれていて環境に大きな影響を与えます。

市では、この使用済み天ぷら油を資源として回収・環境にやさしい新たなエネルギーとして再利用をおこなっています。
回収場所や回収方法等は次のとおりとなりますので、市民の皆様から回収運動にご協力をお願いします。

回収場所

  スーパーマーケット 公共施設
燕地区 マルイ(燕中央店・燕小池店)
ウオエイ(燕店・小中川店)
リオン・ドール(燕北店)
燕市役所燕庁舎(白山町二丁目)
総合文化センター
燕市民体育館
吉田地区 カンダストアー
マルイ(吉田店)
燕市役所本庁舎(吉田西太田)
吉田北体育文化センター
粟生津体育文化センター
分水地区 マルイ(分水店) 分水公民館
てまりの湯
※回収時間は営業時間内です。時間外には置いていかないでください。

出し方

天ぷら油の出し方

  • 回収する油・・・なたね油、大豆油、コーン油、ごま油、サフラワー(紅花)油、ひまわり油など
  • 回収しない油・・・鉱物油、牛脂、豚脂(ラード)、パーム油、やし油など

回収した天ぷら油はBDFに変身

市民回収した使用済み天ぷら油は、精製してBDF(軽油の代替燃料)として市公用車に使用しています。

このBDFは地球にやさしい燃料で、いずれ枯渇してしまう化石燃料に対して、植物性の油が原料のため、地球の自然環境の中で繰り返し得ることのできる再生可能なエ ネルギーです。

BDFは次の特徴があります

  • 二酸化炭素排出量がゼロカウント
    CO2は植物が成長するときに取り込んだものなので、燃焼排出しても地球温暖化防止協定上のCO2排出量はゼロカウントとなります。実際に排出されるCO2は約10%減少します。
  • 排気ガス中の黒煙が3分の1
    多くの疾病原因とされている黒煙は軽油と比べて3分の1に軽減します。
  • 硫黄酸化物はほとんどなし
    小児ぜん息・アトピーの原因といわれて硫黄酸化物(SOx)が排気ガス中にほとんど含まれません。
  • 市販のディーゼル車に使用可能
    車の改造の必要がありません 軽油の混合も可能です。
このページに関するお問い合わせ

市民生活部生活環境課

電話番号:0256-77-8167

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る