本文へジャンプする

現在のページ

暮らし

交通安全

交通安全に関する情報を掲載しています。

燕市交通安全計画

燕市交通安全対策会議では、人命尊重の理念に立って、人優先の交通安全思想の普及を図るため、あらゆる交通安全活動を推進し、市民が安心して外出したり移動したりできる燕市を築きあげていくために「燕市交通安全計画」を策定しています。

「第10次燕市交通安全計画」とは交通安全対策基本法第26条第1項に基づき策定するもので、平成29年度から平成32年度(2020年度)までの4年間に講ずべき交通安全に関する施策の大綱を定めたものです。

 

カーブミラー等の交通安全施設の新規設置や修繕等が必要なとき 

交通事故等による緊急の場合は都市整備部土木課までご連絡ください。
各地域の要望に関することについては、要望箇所の状況を確認のうえ対応します。

平成30年 交通安全対策の重点項目

  1. 高齢者の交通事故防止
  2. 歩行者及び自転車の安全確保
  3. シートベルトとチャイルドシート着用の徹底
  4. 飲酒運転の根絶
  5. 交差点事故防止運動(SSS運動)

平成30年 交通安全運動(実施予定)

  1. 春の全国交通安全運動 【4月6日(金曜日)~4月15日(日曜日)】
  2. 夏の交通事故防止運動 【7月22日(日曜日)~7月31日(火曜日)】
  3. 秋の全国交通安全運動 【9月21日(金曜日)~9月30日(日曜日)】
  4. 冬の交通事故防止運動 【12月11日(火曜日)~12月20日(木曜日)】
  5. 特別運動等【交通事故の発生実態に対して、必要の都度行う】

燕市の交通事故発生状況

 

 

平成25年 平成26年 平成27年 平成28年 平成29年
発生件数 306件 218件 207件 171件 160件
死者数 3人 5人 2人 1人 4人
負傷者数 360人 257人 254人 200人 182人
交差点事故件数 169件 121件 126件 113件 109件
飲酒運転検挙件数 36件 22件 9件 19件 17件

交通遺児基金をご利用ください

(財)新潟県交通遺児基金では、交通事故で保護者が死亡もしくは重度の後遺障がいを受けたこどもたちを激励し、経済的な援助を行っています。

【主な活動内容】

  • 18歳以下で新たに遺児になられた時に見舞一時金を給付します。
  • 小学校・中学校に入学した時、中学校・高校を卒業した時に祝金を給付します。
  • 乳・幼児、小・中・高校生に図書カードを贈呈します。
  • 交通遺児等とその家族の交流レクリエーション事業を実施します。

また、この激励・支援活動は、皆様からのご寄付で支えられています。
皆様の思いやりを、(財)新潟県交通遺児基金にお寄せください。

詳しくは、
新潟県庁 県民生活課内 新潟県交通遺児基金事務局 電話 025-285-5511までお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ

市民生活部生活環境課

電話番号:0256-77-8167

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る