本文へジャンプする

現在のページ

暮らし

大規模太陽光発電施設(メガソーラー発電所)

 市では、再生可能エネルギーの普及拡大と一般廃棄物最終処分場跡地の有効活用を進めるため、平成24年2月に同跡地においてメガソーラー発電所の建設及び運営を行う発電事業者を公募し、窪倉電設株式会社(横浜市)を選定しました。
 同社は、同年5月に燕市内に100%出資の子会社である PVP JAPAN 株式会社を設立し、7月から建設工事に着手。8月22日に竣工を迎え、メガソーラー発電所が稼働しました。

施設の概要

■施設の名称  メガソーラーTSUBAME  site
■発電事業者  PVP JAPAN 株式会社
          (燕市井土巻3丁目192-1-501)
■場   所   燕市上河原396番地1   ほか
■敷 地 面 積  40,301 m2
■最 大 出 力  1メガワット
        (太陽電池モジュール 150W×7,200枚)
        (パワーコンディショナー250kW×4台)
■想定発電量  96.1万 kWh
■送 電 電 圧  三相 6.6kV 東北電力(株)系統連系
■売 電 先  東北電力(株)

施設の様子

 
展望台からの眺望               航空写真

 
近景写真(夏用)                展示室(そらえすくーる)


雪国仕様として、夏(18°)と冬(48°)でパネルの角度を調整し、冬でも太陽光をより多く受けると同時に、雪が滑り落ちやすくなるように工夫されています。

 

メガソーラー発電所建設の趣旨

1.再生可能エネルギーの普及拡大
  エネルギー政策の見直しが検討されている中、枯渇することのない、安全なエネルギーである再生可能エネルギーの普及拡大を推進します。

2.遊休地(最終処分場跡地)の利活用
  特殊な杭工法を活用し、全国的にも跡地利用が進んでいない最終処分場跡地の利活用のモデルケースとして全国に発信します。

3.新産業の企業誘致
  (1)市内に発電事業を目的とした会社を設立したことで、新産業の企業誘致につながりました。
  (2)地元企業を活用した施設整備と、市民の雇用が確保されました。

4.環境学習への貢献
  
施設内には、発電量や施設概要などを展示する展示室、発電施設を一望できる展望台を設けるなど、環境学習に活用いただけます。また、定期的に施設見学を受け入れますので、見学ご希望の方は、下記まで連絡をお願いします。


施設見学申し込み先
 PVP JAPAN 株式会社 電話 0256-46-0543
このページに関するお問い合わせ

市民生活部生活環境課

電話番号:0256-77-8167

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る