本文へジャンプする

現在のページ

暮らし

燕市総合文化センターESCO事業

 市では、「燕市総合文化センター」において、新たな財政負担がなく、省エネルギー改修ができ、光熱水費の削減と二酸化炭素排出量の削減に効果があるにESCO(※注1)事業を導入しています。
 この事業は、県央地域の公共施設では初めて導入されたものであり、市とESCO事業者との間で、省エネルギー改修工事などについて事業契約を締結し、平成25年度から運用を開始しています。
 

(※注1)ESCO(エスコ)とは・・・Energry Service Company の略です。

 

1.事業内容

  • 事業名称     燕市総合文化センターESCO事業
     
  • 事業方式     シェアード・セイビングス方式
     
  • ESCO事業者   菱機工業株式会社 新潟支店、三菱UFJリース株式会社
     
  • 契約金額     総支払額 99,217,260円(消費税込み)
     
  • ESCOサービス契約期間   平成25年4月~平成38年3月(13年間)

 

2.省エネ効果

 

  削減量 改修前使用量 改修後使用量
電気 電気使用量
62,621kwh/年
改修前
343,225kwh/年
改修後
280,604kwh/年
ガス ガス使用量
22,372㎥/年
改修前
65,171㎥/年
改修後
42,799㎥/年


☆二酸化炭素排出削減量  257.2 t/年
  改修したことで毎年257.2tの二酸化炭素の排出量を削減することができます。
  これは、樹齢50年杉約18,400本が一年間に吸収・貯蔵する量に相当します。

 

3.採用した省エネルギー手法

  • GHP(※注2)による暖房ヒートポンプ化

 冷房時の主燃料をガスに代え、従来のシステムに比べ、少ない消費電力で施設内の冷暖房を行えるようになりました。

(※注2)GHP(ガスヒートポンプ)とは・・・
     高効率のガスエンジンを使って、冷暖房を行う空調システムです。
     消費電力が少なく、節電対策の一つとして推奨されています。
 

  • 空調の個別分散化

 冷暖房設備が中央一括管理のため、使用しない部屋も冷暖房を行っていましたが、部屋ごとに冷暖房を運転できるようになりました。

 

  • 外気導入量の最適化

 燕市文化会館大ホール内にCO2センサーを設置し、外気導入量を抑制できるようになりました。

 

  •  点灯時間の長い誘導灯のLED化

 常時点灯している誘導灯を少ない消費電力で明るさを保つLED照明に取り換えました。



 
 

このページに関するお問い合わせ

市民生活部生活環境課

電話番号:0256-77-8167

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る