本文へジャンプする

現在のページ

暮らし

新栄町地内の土壌調査について(追跡調査結果)

 新栄町地内の廃止された事業場敷地において、トリクロロエチレン等による土壌汚染が明らかになったことから、事業場敷地の周辺、半径100~1,000メートルの3地点で地下水調査をした結果、すべての地点でトリクロロエチレン等は検出されなかったことが、新潟県より発表されました。

調査結果の概要

1. 調査地点
 事業場跡地周辺の井戸(3地点)

2. 調査実施期間
 新潟県

3. 試料採取日
 平成25年12月9日

4. 調査結果
調査項目 調査結果(地点数) 検出下限値

地下水

環境基準値

トリクロロエチレン すべて検出されず(3地点) 0.002 mg/L 0.03 mg/L
1,2-ジクロロエチレン すべて検出されず(3地点) 0.004 mg/L 0.04 mg/L
1,1-ジクロロエチレン すべて検出されず(3地点) 0.01 mg/L 0.1 mg/L
塩化ビニルモノマー すべて検出されず(3地点) 0.0002 mg/L 0.002 mg/L

(参考)
  • 分解生成物(1,2-ジクロロエチレン、1,1-ジクロロエチレン、塩化ビニルモノマー)

 トリクロロエチレン等が土壌・地下水中で微生物等により分解されて生成するもので、人の健康への影響を及ぼすおそれがあるもの。

このページに関するお問い合わせ

市民生活部生活環境課

電話番号:0256-77-8167

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る