本文へジャンプする

現在のページ

暮らし

防犯灯LED化ESCO事業

 市では新たな財政負担がなく、省エネルギー設備を導入でき、光熱費の削減と二酸化炭素排出量の削減に効果があるESCO(※注1)事業を活用し、市内に設置されている約12,000灯の防犯灯をLED化しました。

(※注1)ESCO(エスコ)とは・・・Energry Service Company の略です。

1.事業内容

  • 事業名称     燕市防犯灯LED化ESCO事業
 
  • 事業対象施設   市内防犯灯(20~100W) 12,098 灯
 
  • 事業方式     シェアード・セイビング方式
 
  • ESCO事業者    県央電気工事協同組合
 
  • 契約金額     総支払額 278,730,720 円(消費税込み) ※平成26年4月1日時点
 
  • ESCOサービス契約期間    平成26年4月~平成36年3月(10年間)

2.省エネ効果

  削減量 事業前 事業後
電気使用量 約 68万1千 kwh/年(※注2) 約 107万2千 kwh/年 約 39万1千 kwh/年
二酸化炭素排出量 約 372 t/年(※注3) 約 585 t/年 約 213 t/年

(※注2)一般家庭約200軒分の電気使用量に相当します。
(※注3)樹齢50年杉約265,000本が1年間に吸収・貯蔵する量に相当します。

計算条件
・1日の点灯時間を10時間としています。
・二酸化炭素の排出係数を0.546としています。

3.防犯灯の様子

事業前の防犯灯

事業後の防犯灯(1) 事業後の防犯灯(2)
このページに関するお問い合わせ

市民生活部生活環境課

電話番号:0256-77-8167

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る