本文へジャンプする

現在のページ

暮らし

緊急告知FMラジオ

緊急告知FMラジオについてご説明します。

緊急告知FMラジオの概要

近年、台風や豪雨・地震などの自然災害が大変多く発生しているなかで、燕市民の安全確保をいかにして迅速・確実に行うかが大きな課題となっています。

燕市では、緊急告知FMラジオを情報伝達手段の一つとして位置づけたいと考えています。

緊急告知FMラジオは、電源がOFFになっていても、緊急事態が発生した場合に起動発信操作により、強制的にラジオの電源をONにさせ、住民に素早く確実に災害情報を伝えるシステムです。

災害発生時や災害が発生する恐れがある時、「避難準備・高齢者等避難開始」「避難勧告」「避難指示(緊急)」など緊急情報を流します。

設置されたお宅は、ラジオの電源はいれなくても、コンセントには差し込んでおいてください。部屋の隅に片付けないようにだけお願いいたします。

緊急告知エフエムラジオ

主な特徴

  1. 電源がOFFになっていても、燕三条エフエム放送局からの起動電波を受信すると自動で電源がたちあがり、最大音量で情報を流します。
  2. 同時にライトも点灯(緊急の文字と中央下部のライト)。
    聴覚障がい者の方への告知も有効。停電時はライトとしても使用できます。
  3. 通常は、コミュニティFM(ラジオハートFM76.8MHz)専用ラジオとして利用可能です。

配布対象者

  • 70歳以上の高齢者のみの世帯
  • 障がい者のみの世帯
  • 介護保険サービス事業所
  • 避難施設等
  • 自治会長
  • 民生児童委員


 ※現在、新規対象者への配布は行っておりません。汎用FMラジオをお求めください。
   汎用FMラジオの紹介ページはこちら

定期試験放送

緊急告知FMラジオが非常時に正常に機能するかを確認するため、試験放送を実施します。
年4回実施しますので、ご承知おき願います。

  • 期日 平成29年6月1日、9月1日、12月1日、平成30年3月1日
  • 時間 正午(約1分程度)
このページに関するお問い合わせ

防災課

電話番号:0256-77-8381

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る