本文へジャンプする

現在のページ

暮らし

防犯

燕市は、市民が安全で安心して暮らせるまちづくりに取り組んでいます。これを実現するため「地域の安全は地域で守る」という意識を持った取組みと防犯ボランティア団体などを通して、地域住民が積極的に防犯活動に参加し防犯の輪を広げることが必要になっています。
県内では、子どもを狙った凶悪犯罪の増加に伴い、地域で自主的にパトロールなどを行うボランティア団体が急増し、揃いのジャンパーなどで地域の巡回や子どもの登下校を見守ったりする活動、危険箇所などを調べて「地域安全マップ」を作成する活動が広がっています。

防犯ボランティア団体などを通して、知り合いの輪を広げていく。そんな活動になれば福祉や災害の面でも、安心・安全に暮らせる地域社会が実現できるのではないでしょうか。

ページの先頭へ戻る