本文へジャンプする

現在のページ

まちづくり

まちづくり基本条例

まちづくり基本条例 みんなが主人公のまちづくりを進めるために

燕市まちづくり基本条例が平成23年4月1日から施行されました。

市では、まちづくりの基本方針の一つに「市民とともに築くまち」を掲げ、市民の皆さんと市とのパートナーシップによるまちづくりの実現を目指し、市民の皆さんと地域の力を活かした協働のまちづくりを進めています。
協働のまちづくりを実践するため、策定に取り組んできた「燕市まちづくり基本条例」が、平成23年3月の市議会定例会で議決され、4月1日から施行されました。
この条例は、市民参画と協働による市民が主体のまちづくりを推進するための基本ルールとなるものです。
この条例には、みんながまちづくりについて考え、話し合い、行動していくことで、個性豊かで魅力のあるまちを創り上げ、そして、誰もが暮らしたい、訪れたいと思える燕市を次の世代に引き継いでいきたいという想いが込められています。

市では、この条例の施行を契機として、今まで以上にまちづくりのパートナーとして市民の皆さんと連携し、協力し合いながら地域の公共的課題の解決に取り組んでいきます。

まちづくり基本条例ってなに?

まちづくり基本条例は、市民の皆さんと市議会、行政など、まちづくりに関わるすべての人たちがお互いに力を合わせてより良いまちづくりを進めるための役割と市民参画、協働、情報共有などのまちづくりの基本となる考え方やルールを定めた条例です。

具体的には、自分たちのまちの公共的な課題を解決していくために、「どのような考え方のもとに」「誰がどのような役割を担い」「どのような方法で進めていくのか」というまちづくりの基本ルールを定め、共有することで、みんなで考え、行動していくための条例です。

燕市まちづくり基本条例の内容

条例の全体構成

条例の全体構成

まちづくり基本条例の制定に向けた取り組み

Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

企画財政部企画財政課

電話番号:0256-77-8352

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る