本文へジャンプする

現在のページ

まちづくり

コミュニティ助成事業

一般財団法人 自治総合センターの宝くじコミュニティ助成制度
宝くじ社会貢献広報デザイン

一般財団法人自治総合センターでは、宝くじの社会貢献広報事業として、地域社会の健全な発展と住民福祉向上のため、地域コミュニティ活動に対する助成を行っています。
(一財)自治総合センターのホームページはこちら

※申請請した事業に対する助成の可否については、(一財)自治総合センターが決定します。
必ず採択されるものではありません。



燕市の平成29年度申請は9月29日(木)で締め切りました。
 

助成対象団体

コミュニティ組織(自治会、まちづくり協議会)、自主防災組織など

※規約および申請年度の事業計画・予算書を提出できる団体であること。専ら趣味や芸術等に限定した活動団体や宗教団体、営利団体、公益法人及び地方公共団体が出資している第3セクター、その他その活動が地域に密着しているとは言いがたい団体等は除きます。

助成内容

助成事業 事業内容 助成対象経費 助成金額
一般コミュニティ助成事業 住民が自主的に行うコミュニティ活動の促進を図り、地域の連帯感に基づく自治意識を盛り上げることを目指すもので、コミュニティ活動に直接必要な設備の整備に関する事業。 コミュニティ活動に直接必要な設備の整備に要する経費。
ただし、建築物、消耗品は対象外とする。
100万円から250万円
コミュニティセンター助成事業 住民の行う自主的なコミュニティ活動を積極的に推進し、その健全な発展を図るため、住民の需要の実態に応じた機能を有する集会施設(コミュニティセンター・自治会集会所等)の建設整備に関する事業。 コミュニティ活動推進のために、必要な施設の建設又は修繕に要する経費とその施設に必要とされる備品(一般コミュニティ助成事業との併用は不可)に要する経費。
ただし、土地の取得、既存施設購入、既存施設の撤去・処理、外構に要する経費は対象外とする。
対象となる総事業費の5分の3以内に相当する額。
ただし、1,500万円を上限とする。
青少年健全育成助成事業 青少年の健全育成に資するため、主として親子で参加する(スポーツ・レクリエーション活動に関する事業、文化・学習活動に関する事業、その他コミュニティ活動のイベント等に関する事業)ソフト事業。 ただし、自治総合センターが実施している野球、バレーボール、サッカーに関する事業と重複するものは対象外とする。 青少年健全育成事業のソフト事業に要する経費。
ただし、備品は対象外とする。
30万円から100万円まで
地域防災組織育成助成事業
  • 一定地域の住民が当該地域を災害から守るために自主的に結成した組織又はその連合体が行う災害の被害防止活動及び軽減活動に直接資するものの整備に関する事業。
  • 消防職団員等を指導者として、自主防災組織、児童、生徒等の地域住民に対して行う教育訓練活動に関する事業。
  • 地域防災のリーダーである消防団の装備の拡充を図るとともに、地域住民が消防団の活動に対し積極的な協力を得るために必要となる設備の整備に関する事業
  • 自主防災組織又はその連合体が行う地域の防災活動に必要な設備の整備に要する経費。ただし、建築物、消耗品は対象外とする。
  • 消防職団員等が指導者として行う事業の実施に必要な教育訓練活動及び設備の整備に要する経費。ただし、建築物は対象外とする。
  • 消防団が行う地域の防災活動に必要な設備の整備に要する経費。ただし、建築物、消耗品は対象外とする。
30万円から200万円まで

※自主防災組織育成助成事業については総務課防災対策係が担当となります。
※宝くじの普及広報費により助成されるものであることから、施設又は設備若しくはイベント等ソフト事業のポスター・チラシ・看板等に別に定めるデザイン表示を行わなければなりません。

申請方法

コミュニティ助成事業を希望される場合は、市へ申請書類・添付書類を作成・提出してください。
市は、県を通して(一財)自治総合センターに申請書を提出します。

 平成29年度 要綱・留意事項

平成29年度 申請書類


その他の必要書類はこちらをご覧下さい。

  ※必要書類は申請期間内に不足無くご用意をお願い致します。

マーク表示について

要綱第7条関係により、コミュニティ助成事業による事業に関しては宝くじ社会貢献広報をする必要があります。
詳しくは下記をご覧下さい。


宝くじマークについては、(一財)自治総合センターのホームページからもダウンロード出来ます。
 

過去の採択事業

このページに関するお問い合わせ

企画財政部地域振興課

電話番号:0256-77-8363

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る