本文へジャンプする

現在のページ

まちづくり

木造住宅の耐震設計費・耐震改修費を補助します

この制度は、住宅の耐震設計又は耐震改修を希望される方で、次の内容に該当する木造住宅にお住まいの方を対象に、耐震設計費又は耐震改修費の一部を補助する制度です。
補助をご希望される方は、窓口にあります申請書に必要事項をご記入のうえ、事前に申請してください。
※なお、耐震設計又は耐震改修工事の事後申請は対象外となりますのでご注意ください。

手続きに関しては、必ずこちらをお読みください[PDF]
燕市木造住宅耐震診断・耐震設計・耐震改修・建替耐震補助事業のご案内

燕市木造住宅耐震設計・耐震改修補助事業

1.補助対象住宅
次のすべてに該当する住宅が対象になります。
(1)燕市内の昭和56年5月31日以前に建築(または着手)された木造住宅
(2)1戸建て住宅(併用住宅は過半以上が居住部分である住宅)であること
(3)国などの特別認定工法以外の住宅であること
(4)耐震診断を実施した木造住宅で、耐震診断判定の結果、構造評点が1.0未満と診断されたもの

2.補助対象者
次のすべてに該当する方です。
(1)住宅の所有者 若しくは 所有者の親族(3親等以内)
(2)燕市税の滞納がない者

3.補助対象となる耐震設計
耐震診断判定の結果、構造評点が1.0未満と診断された住宅の上部構造評点を1.0以上まで向上させる耐震改修工事を行うための設計が対象です。

4.補助対象となる耐震改修
耐震診断判定の結果、構造評点が1.0未満と診断された住宅の上部構造評点を1.0以上まで向上させる工事が対象です。
※この事業による耐震改修工事を行った方は、所得税の特別控除、固定資産税の軽減措置が受けられます。詳しくはこちらをご覧ください。
 国土交通省 耐震改修に関わる特例措置について

5.補助金額
【耐震設計】
耐震設計に要した費用(消費税相当額を除く)の2分の1
※10万円を上限
(高齢者世帯及び要介護認定者、要支援認定者、障害者手帳交付者、療育手帳交付者を含む世帯の場合は、上限を20万円とします。)
【耐震改修】
耐震改修工事に要した費用(消費税相当額を除く)の3分の2
※65万円を上限
(高齢者世帯及び要介護認定者、要支援認定者、障害者手帳交付者、療育手帳交付者を含む世帯の場合は、上限を85万円とします。)

6.交付件数
【耐震設計】
 5件 (予定)   ※予定数になり次第、終了する場合があります。
【耐震改修】
 5件 (予定)   ※予定数になり次第、終了する場合があります。

7.申請方法
申請書に必要事項を記入の上、必要書類を添えて申請してください。
(1)申請の際の留意点
  • 平成29年9月29日(金)までに事前相談及び見積書(写し)を必ず提出してください。
  • 平成30年1月末までに設計または工事が完了する予定のものに限ります。
  • 平成30年3月16日(金)までに実績報告書の提出ができる予定ものに限ります。
(2)申請窓口
  • 営繕建築課建築指導係 (市役所 2階 28、29番窓口)
ダウンロードはこちら[PDF] 8.申請期間
平成29年4月3日(金) から 12月22日(金) まで (土・日・祝日を除く日)
Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

都市整備部営繕建築課

電話番号:0256-77-8282

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る