本文へジャンプする

現在のページ

まちづくり

ブロック塀等の安全点検について

 平成30年6月18日に発生した大阪府北部を震源とする地震により、組積造やコンクリートブロック造の塀が倒壊し、2名の方がお亡くなりになる重大な事故が発生しました。倒壊したブロック塀等においては、基準等に適合していないことが要因として指摘されています。

所有者等のみなさまへ

 組積造やコンクリートブロック造の塀の所有者等には、塀を安全に管理する義務があります。塀の倒壊事故等を未然に防ぐために、塀の高さ、厚さ、控壁や損傷の有無などを下図を参考に点検してください。
 点検の結果、危険性が確認された場合には、付近通行者への速やかな注意表示とともに、補修や撤去等については、専門家に相談してください。

(注)組積造とは、石・煉瓦等を積み上げて作る建築物、工作物の構造
(注)補強コンクリートブロック造とは、コンクリートブロックを積んだ壁(塀)を鉄筋で補強した構造

 なお、昭和56年6月1日に建築基準法施行令が改正され、組積造の塀の高さは2メートルから1.2メートルに、補強コンクリートブロック造の塀の高さは3メートルから2.2メートルに規制が強化されていています。

ブロック塀の安全点検

  基準に従った設置がされていない場合や古くなったブロック塀等は、倒壊のおそれがある場合がありますので、ブロック塀の点検のチェックポイントを活用するなどして安全点検を行ってください。


ブロック塀の点検チェックポイント(PDF) (国土交通省)


■その他塀の規定等は下記をご確認ください。
  ブロック塀等の安全対策に心掛けましょう  (新潟県建築住宅課)
  あんしんなブロック塀をめざして (一般社団法人全国建築コンクリートブロック工業会)

■ご相談について
  お知り合いの建設業者または大工さん等にご相談ください。
  お知り合いの方がいらっしゃらない場合は下記にご相談ください。
   
  燕市建設業協同組合
    住  所: 〒959-1286 燕市小関1502番地1
    電話番号: 0256-63-6016
 
 
このページに関するお問い合わせ

都市整備部営繕建築課

電話番号:0256-77-8282

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る