本文へジャンプする

現在のページ

まちづくり

不審なリフォーム業者の悪質商法にご注意!

令和2年6月18日

最近、リフォーム業者を装った人物の訪問販売によるトラブルに関する相談が寄せられています。 不審な訪問販売があった際は、即決せずに周囲の人や警察等にご相談ください。

不審な業者の手口

〇事例1

リフォーム業者を名乗る者が訪問し、「屋根瓦がずれている」と言ってくる

●アドバイス
悪質業者は、消費者と業者との知識差を利用して消費者を不安にさせることで、契約を迫ります。業者の言うことが正しいのか不安である場合は、地元の工務店や建築士等の専門家に依頼して確認をしましょう。

〇事例2

「無料で〇〇を診断します」と訪問してくる

●アドバイス
アスベストの調査や耐震診断、屋根・外壁の劣化診断など、無料を口実にした訪問にはさまざまな種類があります。「無料だから」と思っていたらのちに思わぬ高額な契約をさせられる可能性があります。必要ない点検はしっかりと断りましょう。
 
Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

都市整備部営繕建築課

電話番号:0256-77-8282

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る