本文へジャンプする

現在のページ

まちづくり

公共下水道が整備されたら水洗化を

公共下水道が整備され下水処理場で汚水を処理することができる区域を「処理区域」といい、建築物の所有者には次のこと義務づけられます。

各家庭から出す、風呂・台所・トイレなどの汚水を公共下水道(汚水管渠)まで流すための宅地内の排水設備工事(水洗化工事)を行わなければなりません。

くみ取り便所は水洗便所にして下水道へ!!

トイレの水洗化イメージ図

くみ取り便所は3年以内に 水洗便所に改造しなければなりません。
(下水道法第11条の3)
また、汚水は下水処理場で処理されるので、浄化槽は必要なくなります。
速やかに廃止し、公共下水道へ直結することが建物所有者に義務づけられています。
(下水道法第10条)

台所、風呂場、洗濯機からの汚水も公共下水道へ!!

台所、風呂場、洗濯機からの汚水も公共下水道へのイラスト

現在、汚水を側溝等に流している場合、できるだけ早く汚水管(汚水ます)に流すよう排水設備を設置しなければなりません。
(下水道法第10条)

雨水は雨水管、または排水路へ!! (分流式の場合)

排水設備接続図

雨水を汚水といっしょに流すと大雨などの場合に汚水管が能力不足になり下水があふれる原因となったり、処理場の処理能力も低下することとなりますので、汚水管へ流さないでください。


処理区域内のすべての家屋が水洗化工事をすませ、正しく維持・管理されて始めて下水道はその効果を発揮します。汚水を側溝、排水路等へ流さないというマナーを守り、協力し合って良好な地域環境をつくり、快適な生活ができるようにしましょう。

このページに関するお問い合わせ

都市整備部下水道課

電話番号:0256-77-8292

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る