本文へジャンプする

現在のページ

まちづくり

敷地内排水設備

多額の費用と年月をかけて整備した下水道も、市民のみなさんに利用していただかなければ、何の価値も無く、みなさんの生活環境も快適なものになりません。

市では、下水道本管工事が終わると、公共下水道使用可能区域の公示をします。下水道法ではこの公示をすると、台所や風呂場の汚水は、すみやかに排水設備を設置して下水道本管に流すよう、又、くみ取り式トイレは3年以内に水洗便所に改造するよう義務づけていますので、できるだけ早く水洗化工事を行ってください。

  • 公共下水道に接続を
    下水道が整備され、供用を開始した区域で、くみ取り式トイレや浄化槽を使用している方は、速やかに公共下水道への接続をお願いします。
    また、くみ取りトイレは供用開始後、3年以内に水洗化するよう義務付けられています。
    工事の期間は、くみ取りか浄化槽かなどの工事の条件によって違いますが、通常一週間から10日くらいです。
  • 排水設備指定工事店制度
    くみ取り式トイレの改造や浄化槽廃止など排水設備工事を行う場合は、各家庭で工事店に直接依頼して行っていただきますが、市では、皆さんに工事を安心して行っていただけるよう、排水設備工事店を指定し、工事の内容について指導と検査を行うことにしています。
    排水設備工事を実施するときは、必ず燕市排水設備指定工事店へ申し込んでください。
    これらの工事店は、基準に合った完全な設備を造るために必要な技術を習得しているほか、不当な工事費の請求や粗悪工事の施工、粗悪品の販売などがなく、安心して工事をまかせることができます。
    また、市に対する必要な書類の作成、届け出などの手続きを皆さんに代わって行うことになっています。

工事は必ず燕市排水設備指定工事店に依頼して行ってください。

※改造工事に伴い、住宅の一部または全面改築をされるような場合には、建築業者(大工さん等)に工事を依頼されることになると思われますが、この場合でも、上水道の給水工事は「指定給水装置工事事業者」、下水道の排水設備工事は「排水設備指定工事店」からしていただくことになります。

水洗便所改造等資金貸付

くみ取り式トイレの改造工事や排水設備工事(浄化槽廃止工事を含む)を行う場合の費用は個人負担となりますが、市では1日も早く工事ができるように、費用の貸し付けを希望される方には、貸付金制度を設けています。

下水道の使い方

水洗トイレにはトイレットペーパー以外は使用しないでください。
台所からは、ごはん粒や野菜くず、油などを流さないでください。
下水道管がつまる原因となりますので、決して行わないで下さい。
また、ガソリンやシンナーなどを下水道に流しますと、下水道管の中で爆発する恐れがありますので、絶対に流さないでください。
宅地内の排水設備の維持管理は個人管理になります。

排水設備工事の申し込みから完成まで

※排水設備工事は必ず指定工事店で※

流れ

  1. 指定工事店の選定
    市の排水設備指定工事店の中から工事店を選び、工事の見積りを依頼し契約します。
    工事の契約をする前に、見積書をもらって内容をよく検討し、あとで金銭的なトラブルのないようにしてください。
    工事の契約は、建物の増改築の工事と同様に、皆さんと指定工事店との契約で行なうものです。
  2. 契約
    指定工事店へ発注します。
  3. 確認申請書提出
    指定工事店が、工事の確認申請書を作成し、市に提出します。
    指定店が皆さんに代わり手続きをしますが、書類に署名押印するときは、内容をよく確認してください。
    (手続きは指定工事店が代行します)
  4. 確認書交付
    市役所下水道課で申請書をもとに工事の施工方法、費用などが適正かどうか審査して確認書を交付します。
  5. 着工
    指定工事店は、排水設備の工事に着手します。
    (工事内容によりますが、工事期間は10日前後です)
  6. 完成・検査
    指定工事店は、工事完了後、工事完了届を市に提出し、排水設備等の検査を受けます。(市役所下水道課の検査職員が完成検査をします)
  7. 検査合格
    検査に合格したときは、市は検査済証を交付します。
    この検査済証は、見やすい場所に貼付してください。
このページに関するお問い合わせ

都市整備部下水道課

電話番号:0256-77-8292

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る