本文へジャンプする

現在のページ

まちづくり

悪質業者にご注意を

悪質業者にご注意ください

市役所の名を語る下水道の点検・清掃業者にご注意を!

悪質業者にご注意を

最近、「排水ますの点検や清掃をします。市役所から委託されて来ました」などと、あたかも市役所と関係があるように装って戸別訪問し、汚水の水回りの点検をした後に、強引に清掃を勧められ高額な料金を請求された、という話が増えています。
なかにはご丁寧にも、胸には写真入りの証明カードを付けており、正式な調査員を装っていました。敷地内の排水設備(排水管やます)の維持管理は、各家庭でしていただくもので、市役所が業者に委託することはありません。

なお、市が各ご家庭を訪問し、皆さまの排水設備を点検することはありません。
また、宅地内の下水道管の清掃や汚水ます等の修理等を、役所が業者に委託し代金を請求することもありません。

  • 市役所の職員を装い、法律上の義務があるような説明をして、修理や清掃をして代金を要求する。
  • 「市役所の紹介で来た」など役所と関係があるようなことをにおもわせて、修理や清掃を迫る。
  • 「無償で点検」などと言って点検をし、不良箇所を見つけて強引に修理を迫る。
  • 断ると恐喝まがいの威圧的な態度に出て、強引に契約を迫る。

業者が「点検してあげる」というとつい頼んでしまうかもしれませんが、なかには消費者の不安をあおり、契約を急がせる悪質な業者もいるので、注意が必要です。
勧められてもその場では契約せず、数社から見積もりを取って、価格などを比較しましょう。

つい契約をしてしまった場合、8日以内なら無条件で解約できるクーリングオフの手続きを。
排水設備を定期的に点検し、清掃することは管理上好ましいことですが、通常の使い方をしていれば、下水道管が詰まる、ということはまずありません。

排水設備の点検、清掃はご家庭で簡単にできます。
詳しくはこちらをご覧ください ⇒ 下水道を大切に

万が一、下水道管が詰まった場合は、市の下水道課か指定工事店にご連絡下さい。

少しでも不審に思われたら

  • 身分証明書の提示を求めるなど、身元を確かめる。
  • その場ですぐに契約しない。うかつに署名をしたり、押印しない。
  • 市の下水道課に、「指定工事店」かどうかを問い合わせる。
    ※ 「指定工事店」とは、役所の指定した信頼出来る業者のことです。⇒指定工事店一覧
このページに関するお問い合わせ

都市整備部下水道課

電話番号:0256-77-8292

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る