本文へジャンプする

現在のページ

市政情報

情報システム最適化

情報系システムの再構築に関して、公募型プロポーザル方式による事業者選定を実施します。

  1. 趣旨平成22年9月27日更新)
  2. 経緯  (平成23年1月5日更新)
      (1)公募型プロポーザル方式の採用
    (2)プロポーザル審査委員会
    (3)業者選定までの経緯
  3. 応募方法等  (平成23年1月5日更新)
    (1)燕市情報システム再構築等業務委託(基幹系システム編) (※応募は締め切りました)
    (2)燕市情報システム再構築等業務委託(情報系システム編) (※応募は締め切りました)
  4. 優先交渉権者の決定(平成23年1月5日更新)

1.趣旨

燕市では、「情報システム関連コストの削減」「市民サービスの向上」「業務の効率化」「情報セキュリティ水準の向上」を目的に、平成21年度において「燕市情報システム最適化計画」を策定しました(「最適化計画」のページはこちら)。 

平成22年度おいては「最適化計画」で策定した方針に従ってシステムの要件定義を行い、設計・構築を行うものです。

2.経緯

(1)公募型プロポーザル方式の採用

燕市情報システム再構築の実施にあたっては、「自治体の情報システム開発事業者は独自のパッケージシステムを保有しており、それぞれに特徴があること」「同一業務システムにおいても、画面構成や機能の有無、データの保有形態等が異なっていることが多く、仕様書を詳細に記載することが難しいこと」などの理由から、業者の選定にあたり「公募型プロポーザル方式」を採用しました。

(2)プロポーザル審査委員会

業者選定にあたって、透明性、公平・公正性を確保し、専門的知識による厳正な審査を行うため、「燕市情報システム等審査選定委員会」(以下、「審査委員会」という)を設置しました。

(3)業者選定までの経緯(平成22年12月17日現在)

  • 平成22年9月2日
    第1回審査委員会を開催。下記の事項を決定。
    燕市情報システム再構築等業務委託(基幹系システム編)RFP提案実施要領
    燕市情報システム再構築等業務委託(基幹系システム編)提案提出書類様式集
  • 平成22年9月27日
    燕市情報システム再構築等業務委託(基幹系システム編)を公告。
  • 平成22年9月29日
    一次審査に関する質問書の提出の締め切り(基幹系)。
  • 平成22年10月1日
    一次審査に関する質問書への回答、質問回答表の公開(基幹系)。
  • 平成22年10月4日
    一次審査に関する書類の提出の締切(基幹系)。
  • 平成22年10月6日
    第2回審査委員会を開催。一次審査通過事業者を決定(基幹系)。
  • 平成22年10月7日
    二次審査書類配布(基幹系)。
  • 平成22年10月22日
    燕市情報システム再構築等業務委託(情報系システム編)を公告。
  • 平成22年10月25日
    一次審査に関する質問書の提出の締め切り(情報系)。
  • 平成22年10月27日
    一次審査に関する質問書への回答、質問回答表の公開(情報系)。
  • 平成22年11月2日
    一次審査通過事業者を決定(情報系)。
  • 平成22年11月3日
    二次審査書類配布(情報系)。
  • 平成22年11月2日~18日
    二次審査(事業者デモンストレーション)を行う(基幹系)。
  • 平成22年11月29日~12月2日
    二次審査(事業者デモンストレーション)を行う(情報系)。
  • 平成22年12月1日
    第3回審査委員会を開催。
    二次審査(事業者プレゼンテーション)を行う(基幹系)。
  • 平成22年12月8日
    第4回審査委員会を開催。
    二次審査(事業者プレゼンテーション)を行う(情報系)。
  • 平成22年12月17日
    第5回審査委員会を開催。
    優先交渉順位を決定(基幹系・情報系)。

3.応募方法等

(1)燕市情報システム再構築等業務委託(基幹系システム) 

平成22年9月27日公告
※ 基幹系システムの応募は締め切りました。

応募の意思確認書の提出は、平成22年10月4日(火曜日)午後3時までです。
遅れた場合は参加を認めません。詳しくは下記のRFP提案実施要領等をご覧ください。
また、提出書類については下記よりダウンロードしてください。


※下記の書類については、一次審査を通過した事業者のみにお渡しいたします。

  • RFP実施提案要領 別紙「企画提案書記載項目」
  • 提案提出書類様式集(様式4~6)
  • 仕様書
  • 仕様書【個別業務編】(「 特記事項」、「帳票」含む)」)

(2)燕市情報システム再構築等業務委託(情報系システム) 

平成22年10月22日公告
※ 情報系システムの応募は締め切りました。

応募の意思確認書の提出は、平成22年10月29日(金曜日)正午までです。
遅れた場合は参加を認めません。詳しくは下記のRFP提案実施要領等をご覧ください。
また、提出書類については下記よりダウンロードしてください。

※下記の書類については、一次審査を通過した事業者のみにお渡しいたします。

  • RFP実施提案要領 別紙「企画提案書記載項目」
  • 提案提出書類様式集(様式4~6)
  • 仕様書
  • 仕様書【個別業務編】(「 特記事項」、「帳票」含む)」)

4.優先交渉権者の決定

燕市情報システム再構築の実施にあたって、公募型プロポーザル方式により業者選定手続きを行ってきました(今までの経緯はこちら)。厳正なる審査の結果、下記のとおり優先交渉権者を決定いたしました。

(1)選定講評

選定講評(PDF/42KB)

(2)審査結果

優先交渉権者
【基幹系システム】(株)日立情報システムズ
【情報系システム】(株)BSNアイネット

審査結果の詳細
審査結果(PDF/22KB)

Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

総務部総務課

電話番号:0256-77-8312

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る