本文へジャンプする

市政情報

ふるさと納税のしくみ

ふるさと納税制度

 多くの人が地方のふるさとで生まれ、医療や教育など様々な住民サービスを受けて育ち、やがて進学や就職を機に生活の場を都会に移し、そこで納税を行っています。そのため、都会の自治体は税収を得ますが、自分の生まれ故郷の自治体は税収を得ることができません。
 自分を育んでくれた「ふるさと」に、自分の意思で、いくらかでも納税できる制度があってもよいのではないかという問題提起からはじまり、議論や検討を経て生まれたのがふるさと納税制度です。
 
 「納税」という言葉がついているふるさと納税。実際には自治体への「寄附」です。
 一般的に自治体に寄附をした場合には、確定申告を行うことで、その寄附金額の一部が所得税及び住民税から控除されます。ですが、ふるさと納税では原則として自己負担額の2,000円を除いた全額が控除の対象となります。
 
 詳しくは総務省「ふるさと納税ポータルサイト」(新しいウィンドウで開きます)をご覧ください。
 

燕市のふるさと納税(ふるさと燕応援寄附金)の目的

 燕市では、平成21年度から寄附金税制の一部である“ふるさと納税制度”に基づき、「ふるさと燕応援寄附金」事業として、市外在住者からの寄附を募る事業を行っています。
 平成26年5月1日からは、より効果的に燕市の魅力を発信して知名度のアップを図るため、燕市の特産品をお礼として贈呈し、その品々を通して燕市の産業・歴史・地域性に触れてもらう取り組みに力を入れており、交流人口と応援人口の拡大を目的としています。
 また、ふるさと燕応援寄附金にお申込みいただく際には寄附金の使い道を指定していただき、指定された項目に基づいて様々な事業に活用させていただきます。

 寄附金の使い道の詳細については、こちらをご覧ください。

 ふるさと納税のながれ

1.自治体を選ぶ。
  ⇓
2.「ふるさとチョイス」、「さとふる」、「ふるなび」などのふるさと納税ポータルサイトを利用して、申込みをする。
  ⇓
3.申込み後、寄附金の払込を行う。
  ⇓
4.自治体が入金確認後に、受領証が郵送で届く。
 ※受領証は確定申告に使用しますので大切に保管してください。
  ⇓
5.自治体等からお礼の品が宅配便などで届く。
 

6.寄附した人は、毎年2月中旬~3月中旬までの確定申告時に、寄附した自治体から送付を受けた受領証などを用いて、税務上の寄附金控除の適用を受けるために確定申告(サラリーマンの人で、一定の条件を満たした人は、確定申告手続きをすることなく税額控除の適用を受けられる制度「ワンストップ特例制度」があります。)手続きを行う。
 ※確定申告又はワンストップ特例制度の適用を受けない限り、税務上の寄附金控除の適用は受けられませんのでご注意ください。
  ⇓
7.お住まいの自治体から通知される住民税の税額通知書が届き、その通知に基づき納付する。
 ※確定申告の情報を基に税額控除された状態の通知書が届くことになります。

ふるさと納税のしくみ
寄附の申込・払込方法
寄附金の使い道
控除の手続き
お礼の品について(案内)
お礼の品の紹介(一覧)
寄附の実績
よくあるお問い合わせ
このページに関するお問い合わせ

総務部 総務課 総務係

電話番号:【ふるさとチョイス】0256-77-8301(専用ダイヤル)
             【 さ     と    ふ    る】0256-94-7110(専用ダイヤル)

ファクス:0256-92-2112(共通)

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る