本文へジャンプする

現在のページ

市政情報

新庁舎建設事業

燕市役所新庁舎は平成25年5月7日に開庁しました。

新庁舎建設業は、合併協議の段階から来庁者の利便性や業務の効率性、庁舎施設の老朽化など、広い角度から様々な課題を踏まえながら検討を重ね、建設を進めてきました。

北側からの景観

新庁舎の概要

「無駄を省いたスリムな庁舎」、「あらゆる人にやさしい、安全安心な庁舎」、「住民自治の拠点となる、親しまれる庁舎」、「環境にやさしく、周辺環境と調和した庁舎」の建設の基本方針として掲げ、燕市の公共建築では初めてとなる免震構造を採用した新庁舎が完成しました。

燕市役所新庁舎 ご案内 (1.02MB)

新庁舎建設事業の取り組み

平成18年度 市民検討委員会の設置・検討

「新庁舎建設市民検討委員会」を設置し、合併協議を通して検討が重ねられてきた新庁舎建設の方向性、市役所(庁舎)のあり方について、市民の皆さんの視点で検討していただきました。


平成19年度 基本構想の策定

それまでの検討結果を踏まえ、議会との協議を重ねながら「新庁舎建設基本構想」を策定しました。また、9月定例市議会において新庁舎建設用地の取得に関する議案などが可決されました。


平成20年度 基本計画の策定/用地取得・造成

「新庁舎建設基本計画検討委員会」を設置し、専門的な視点で新庁舎の規模・機能・概算経費等の検討を行い、基本計画にまとめました。また、並行して用地取得を進め、造成工事にも着手しました。


平成21年度 設計者選定/基本設計

全国公募の設計競技により設計者の選定を行いました。基本設計では、市民ワークショップの開催等をしながら各種意見の反映に努めました。また、用地の造成工事が完了しています。


平成22年度 実施設計

平成22年6月に基本設計をまとめた後、詳細部分の調整を図りながら、23年3月に実施設計をまとめ、建築確認申請の手続きを進めました。

平成23年~24年度 建設工事

平成23年7月に庁舎棟建設工事に着手し、平成24年度からは附帯施設棟の建築工事、外構整備等も並行して行われ、平成25年4月に竣工しました。
Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

総務部用地管財課

電話番号:0256-77-8334

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る