本文へジャンプする

現在のページ

市政情報

現場代理人の常駐緩和の特例措置について

平成25年10月21日から平成26年3月31日までの間に入札を行う燕市発注の建設工事について、現場代理人の常駐緩和に特例措置が適用されます。

 【特例措置による変更箇所】
  兼任する工事の当初請負額の合計   適用前:2,500万円未満 → 適用後:5,000万円未満

       現場代理人の常駐緩和の特例措置について(PDF59KB)

Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

総務部用地管財課

電話番号:0256-77-8334

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る