本文へジャンプする

現在のページ

市政情報

平成25年度指定管理業務の評価結果

平成25年度に指定管理者が行った管理業務について、指定管理者選定等委員会で行った評価結果を公表します。

今回、評価の対象となったのは、指定期間が平成24年4月1日から平成29年3月31日である3施設ならびに平成25年4月1日から平成28年3月31日である5施設の合計8施設です。指定管理者選定等委員会では、評価を行うにあたり、当該施設の視察と指定管理者及び施設所管課のヒアリングを行いました。

なお、出席した全委員の個別の評価項目の合計得点(15点満点)の平均点を基礎とした5段階(A・B・C・D・E)で評価を実施しています。

評価結果

施設の名称
(指定管理者名)
総合
評価
結果
(平均点)
指定管理者選定等委員会からの意見
燕市分水老人福祉センター・燕市分水保健センター C(9) 履行確認
  • 施設の維持管理については、清掃をはじめ適正に実施されている。また、施設の修繕についても必要に応じて適切に行い、利用者の安全確保に努めている。
  • 高齢者が多数利用する施設のため、合同自衛消防訓練は毎年実施していただきたい。
サービスの質
  • 地域に根ざした高齢者に優しい施設であることが、利用者の増加に繋がっている。
  • 利用者アンケートは利用者の意見を聞ける大切な機会であるため、必ず実施していただきたい。
サービス
の安定性
  • 節電や節約による光熱水費の削減については、評価できるが、決算収支がマイナスとなっているため、経費縮減等の管理運営方法の改善に努めていただきたい。
燕市小池公民館 C(10) 履行確認
  • 施設の老朽化が進む中、館内清掃等の徹底により清潔感が確保されていることから、維持管理は適正に行われている。
  • まちづくり協議会との連携により来館者数が真水で2割増となったことは高く評価できる。引き続き利用者の増加に繋がる管理運営に努めていただきたい。
サービスの質
  • 利用者アンケート結果から全体的な利用者満足度が高いことは評価できるが、自主事業や夜間職員対応についての割合が低いので、これらの改善に努めていただきたい。
  • 図書・児童室の書籍の充実を検討され、利用者の増加や施設の利活用を図っていただきたい。
サービス
の安定性
  • 自主事業の事故対応だけでなく、施設内で発生するあらゆるリスクを考慮し対策をとっていただきたい。
  • 光熱水費等の維持管理費の節減に努め、さらに地元関係団体との連携によりサービスの安定性が確保できている点は評価できる。
燕市分水福祉会館 C(10) 履行確認
  • 施設の維持管理については、清掃をはじめ適正に実施されている。
  • 防災訓練や避難施設に伴う関係自治会議の開催により、地域住民の防災意識の向上に努めたことは高く評価できる。
サービスの質
  • 利用者アンケートの実施等のサービス向上に対する努力が伺える。また、地元自治会との強固な繋がりができることを期待する。
  • まちづくり協議会が指定管理者となっていることで、まちづくりの活動拠点として有効利用されることを期待する。
サービス
の安定性
  • 細かな気配りによる光熱水費等の節減に取り組んでいることは評価できる。
  • 隣接する保育園と共有する駐車場のため、白線の引き直しなど、事故が起こらないよう万全な対策をとっていただきたい。
燕市せん定枝リサイクル施設 B(11) 履行確認
  • 施設の維持管理については、計画どおりに実施されている。
  • せん定枝の搬入量が昨年度と比べ増加しており、施設の有効活用が図られている。
  • 利用者の多くが高齢者のため、さらなる手厚い説明や誘導等による安全確保に努めていただきたい。
サービスの質
  • 要望の多い日曜日の受入時間の延長等、利用者の利便性向上に努めているところは高く評価できる。
  • 受入条件を広報つばめ等により周知徹底を図り、円滑な搬入作業となるよう努めていただきたい。
サービス
の安定性
  • たい肥の無料配布は処分費の財源とするために有料化に向けて検討していただきたい。
  • 搬入量の増加に伴う人件費、光熱水費、幹処分費等の維持管理費増加分の対応について検討していただきたい。
燕市立図書館・燕市立吉田図書館・燕市立分水図書館 B(11) 履行確認
  • 施設の維持管理については、清掃をはじめ適正に実施されている。また、老朽化が進む中、修繕についても適宜対応し利用者の安全性の確保が図られている。
  • 貸出利用者数、貸出冊数が前年度と比べ増加しており、施設の有効活用が図られている。
サービスの質
  • 開館時間の延長や休館日を減らすことにより利用者の利便性を向上させたことは高く評価できる。
  • 自主事業の充実や書架配置の工夫などにより、一層の利用者増加に努め、地域に根ざした図書館を目指していただきたい。
サービス
の安定性
  • 節電、空調機器の稼働時間等の省エネルギーを推進し、経費縮減に取り組んでいることは評価できる。
  • 自主事業の充実を図る一方、自主事業経費の増加による利用者サービスの低下に繋がらないよう適正に執行していただきたい。
このページに関するお問い合わせ

企画財政部企画財政課

電話番号:0256-77-8352

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る