本文へジャンプする

現在のページ

市政情報

報道発表資料 令和2年度

定例会見

●定例会見
定例会見の資料がご覧になれます。

報道発表資料

新潟工科大学と包括連携協定を締結
- 燕市による大学との包括連携協定は4件目となります -(詳しくはこちら

7月28日 火曜日 配信

 燕市は、これまでも新潟工科大学とまちづくりの分野での審議会への委員参画や、産学協創スクエア事業でのインターンシップ生の受入など、連携して事業を進めてきました。 このたび、工業分野を中心とした相互の連携・協力のもと、地域の発展に寄与することを目的に、新潟工科大学との包括連携の協定を締結し、友好関係をさらに深めます。 なお、燕市による大学との包括連携協定は、長岡技術科学大学、新潟大学、新潟経営大学に続き4件目です。また、新潟工科大学の自治体との協定は6件目ですが、県央地域の自治体との包括連携協定は初となります。  

【燕市と新潟工科大学との包括連携に関する協定締結式】
1.日時:令和2年7月30日 木曜日 午前11時(30分程度) ※予定時刻に関わらず午前10時からの定例会見終了後に開始
2.会場:燕市役所 会議室101・102・103
3.出席者:新潟工科大学 大川 秀雄 学長 、吉岡 謙一 理事長 ほか       
     燕市 鈴木 力 市長 ほか
4.連携事項:⑴ 産業の振興に関すること ⑵ 人材の育成に関すること ⑶ 教育の推進に関すること ⑷ まちづくりに関すること ⑸ その他目的を達成するために必要な事項
5.次第:⑴ 市長及び学長あいさつ ⑵ 出席者紹介 ⑶ 協定書署名・写真撮影 ⑷ 質疑応答

本件についてのお問い合わせ先
企画財政部 企画財政課:渡辺 電話:0256-77-8352(直通)

燕市職員互助会からの寄贈マスクを児童クラブに届けます(詳しくはこちら

7月22日 水曜日 配信

 去る6月30日の本市定例会見において発表しました職員互助会からの児童クラブへのマスク寄贈について、次のとおり日程が決定しましたのでお知らせします。
● とき 7月29日 水曜日 午後3時30分~  
● ところ 燕市立わか竹児童クラブ(燕市分水学校町1丁目:分水小学校敷地内)  
 
 当日は、職員互助会の会員が児童クラブの子どもたちと指導員の方々に寄贈するマスクを配付します。他の児童クラブ・なかまの会(計22施設)へは、わか竹児童クラブへの配付後、7月31日 金曜日までの間に順次配付します。  なお、わか竹児童クラブ以外の取材はご遠慮願います。※報道解禁は7月29日(水)午後5時以降とします。

【マスク寄贈の概要】(既報)
  放課後に帰宅する児童に比べて、一日における集団生活の時間が長い児童クラブ等の子どもたちを、感染症から守ろうということで今回のマスク寄贈を企画しました。 また、この未曾有の事態の中で頑張っている指導員の方々への感謝と応援の気持ちを込めて、指導員にも一緒に寄贈します。
1.寄贈品:ミズノ製「マウスカバー」(水色)      
・児童用  Sサイズ 1,650枚  
・指導員用 Lサイズ  150枚
2.特 長:(1)水着などに採用されている伸縮性のよいソフトな素材を使用 (2)耳周りの締め付け等のストレスが少ない (3)洗って繰り返し使用可 (4)寄贈するマスクは、燕市観光PRキャラクター「きららん」のプリント を施した“燕”オリジナルマスク
3.寄贈先:燕市内の児童クラブ(私立を含む18施設)、なかまの会(5施設) 燕市職員互助会は市職員の福利厚生のための組織で、職員が負担する会費により運営されています。  

本件についてのお問い合わせ先
総務部 総務課:藤野 電話:0256-77-8318(直通)

道の駅 国上で「冷やし足湯」を実施します
- 最高気温28℃以上の日には冷たい足湯が楽しめます -(詳しくはこちら

7月20日 月曜日 配信

 「道の駅国上」に併設されている足湯「酒呑童子の湯」で「冷やし足湯」を実施します。「酒呑童子の湯」の源泉は冷鉱泉(約21℃)。効能そのままで、“冷たい”源泉の特徴を生かした足湯です。
 暑さも一入の今日この頃、ぜひ、涼しさと爽やかさを感じにおいでください。

【「冷やし足湯」実施概要】
1.実施期間:7月21日 火曜 ~8月30日 日曜 (毎週月曜日休館。8月10日 月曜 は開館します。)
2.利用可能時間:午前10時~午後5時30分 
3.実施方法:前日の予報で、最高気温が28℃以上と予想された場合に「冷やし足湯」を実施します。
      ※最高気温の予報が28℃未満の場合は通常の温かい足湯です。
3.場 所:「道の駅 国上」に併設されている足湯「酒呑童子の湯」(燕市国上5866-1)
4.入湯料:無料 
5.源泉情報:(1) 泉質:単純硫黄冷鉱泉(低張性アルカリ冷鉱泉) (2) 源泉温度:20.8℃
 ※新型コロナウイルス感染症対策のため、座席の間隔を開けるとともに、常時換気を行っております。
 また、足湯ご利用の際には、マスクの着用及び手指の消毒をお願いします。 

道の駅 国上の冷やし足湯

リンク:道の駅 国上ホームページ

本件についてのお問い合わせ先
市民生活部 生活環境課:笠巻 電話:0256-77-8167(直通)

県内唯一!市内全図書館に図書除菌機を設置
- わずか30秒。ウイルス、ホコリ、ニオイを落とします! -(詳しくはこちら

7月20日 月曜日 配信

 燕市では新型コロナウイルス感染症緊急対策「フェニックス11+5」における対策の1つとして、市内全図書館に図書除菌機を設置します。ワンタッチで同時に6冊を30秒で、本に付いたウイルス、ホコリ、ニオイを落とします。新型コロナウイルス感染症の感染動向が不安視される中、ぜひこの機器をご利用いただき、安心して読書をお楽しみください。

【図書消毒機 3つの機能】
(1)紫外線によるウイルスの除菌
本を開いた状態で紫外線を照射し、中まで除菌します
(2)送風によるホコリの除去
送風により、挟まったホコリや髪の毛を除去します
(3)消臭芳香剤によるニオイの消臭
消臭芳香剤を循環させて、不快なニオイを消臭します

【設置概要】
(1)設置施設 市内全図書館(燕図書館、吉田図書館、分水図書館)
※吉田図書館は改修工事中のため、仮設図書館(開設日:7月23日(木・祝)~、開設場所:吉田公民館1階会議室)に設置します
(2)利用開始 7月21日 火曜 ~
(3)利用できる本 図書館の本に限ります
(4)利用方法 本を入れ扉を閉めてから、ボタンを押してください
(同時に6冊まで可能、ボタンを押してから約30秒で完了します)

リンク:燕市立図書館のページ(外部)

本件についてのお問い合わせ先
教育委員会 社会教育課:竹田 電話:0256-77-8366(直通)

市内中3年生の部活動交流会が開催されています
- 部活動最後の活躍の場・思い出づくりの場を市が応援します -(詳しくはこちら

7月17日 金曜日 配信

 コロナ禍のため、部活動の各種大会が中止となったことから、燕市・西蒲原郡中学校長会は、部活動交流会を開催することとしました。中学校3年生がこれまでの活動に区切りをつけ、最後に活躍できる機会に対し、市として会場提供などの支援を行います。このたび、バレーボール(男子)交流会を燕市長が観戦し、選手をねぎらいます。  

【令和2年度 燕市・弥彦村 部活動交流会】
1.期間:令和2年6月21日 日曜 ~7月26日 日曜 (県連盟主催の競技も含む)
2.主催:燕市・西蒲原郡中学校長会
3.共催:新潟県教育委員会
4.後援:燕市教育委員会、弥彦村教育委員会
5.開催一覧
 
種目 期日 会場 種目 期日 会場
陸上 7/25・26 長岡市陸上競技場 ソフトテニス(男子) 7/23 燕市営吉田テニスコート
野球 7/23・24 三条燕総合グラウンド ソフトテニス(女子) 7/24 燕市営吉田テニスコート
バスケットボール(男女) 7/23・24 燕市市民体育館 バドミントン 7/23・24・25 五泉市、新潟市
バレーボール(男子) 7/23 燕北中学校 剣道 7/24 分水総合体育館
バレーボール(女子) 6/21 燕中学校体育館 水泳 7/24 燕市分水プール
卓球(男女) 7/18 吉田総合体育館  

6.燕市長バレーボール(男子)交流会観戦
(1) 日 時:7月23日(木・祝) 11:00~観戦、12:00~市長挨拶
(2) 会 場:燕市立燕北中学校
(3)その他:9:00~第1試合、10:00~第2試合、11:00~最終試合、12:00閉会式

本件についてのお問い合わせ先
教育委員会 学校教育課:廣川 電話:0256-77-8191(直通)

新潟経営大学中島ゼミとつばめ若者会議のコラボ企画がスタートします!
- 大河津神社の除幕式を開催 -(詳しくはこちら

7月17日 金曜日 配信

 つばめ若者会議きっかけづくりチーム「れっつばめ」、新潟経営大学中島ゼミ、大河津分水を拠点に活動する団体「LoveRiverNet」の3者が企画した、『大河津神社』の除幕式を開催します。活動を通じて、2022年に迎える大河津分水通水100周年の機運を高めていきます。

【除幕式概要】
1.日 時:7月22日 水曜 午後1時30分から午後2時まで
2.会 場:大河津分水さくら公園ビジターハウス
3.内 容
(1)挨拶  新潟経営大学 学長 中島純 様 、新潟経営大学 中島ゼミ 代表 長谷部光 様、つばめ若者会議れっつばめ・LoveRiverNet 代表 樋口勲 様      
(2)除幕      
(3)記念撮影
大河津神社について〉 大河津分水さくら公園ビジターハウス内に、地元企業と協力して製作した鳥居や祠を設置します。 また、100年間、洪水を流し続けた大河津分水路のコンクリートを使用し、念ずれば通ずるという願いを込めた『通水石』を、お守りとしてお披露目します。

4.主 催:つばめ若者会議きっかけづくりチーム「れっつばめ」、新潟経営大学中島ゼミ、市民活動団体「LoveRiverNet」
5.協 力:沖野彫刻
6.その他:除幕式終了後、同日スタートする「大河津分水ミッションウォーキング」の コース案内を新潟経営大学中島ゼミの学生が実施します。
※雨天の場合は実施しません。

リンク:大河津分水通水100周年企画−大河津神社除幕式–(つばめ若者会議)

本件についてのお問い合わせ先
企画財政部 地域振興課:外山 電話:0256-77-8361(直通)

若手デザイナーによる作品の製品化をクラウドファンディングで応援!
- 寄付は若monoデザインコンペ受賞作品の製品化費用として活用します -(詳しくはこちら

7月13日 月曜日 配信

「若monoデザインコンペティション燕vol.4」で大賞として選ばれた3作品の製品化費用に対する「ふるさと燕応援寄附金」の受付を7月1日から開始しました。若手デザイナーの創造力に溢れた作品をカタチにするこの取り組みへの応援をよろしくお願いします。  

※大賞受賞作品はPDFよりご確認ください。

【ふるさと燕応援寄附金】
申込先 ふるなび クラウドファンディング
期間 7月1日 水曜 から 令和3年3月31日 水曜 まで
リンク ふるなびクラウドファンディング
返礼品 このたびの製品化協力企業で、国内外の数々のデザイン関連の賞を受賞している株式会社タケダ「TAKEDA DESIGN PROJECT」のオリジナル商品
    ・寄附額15,000円:アルミメタルメジャー、C-rest60箸置き、ルーペ45
    ・寄附額30,000円:スマートフォンスタンド
    ※このほかにも追加となることがあります。

本件についてのお問い合わせ先
産業振興部 商工振興課:佐藤・山崎 電話:0256-77-8232(直通)

つばコン成婚カップルへ家電一式を贈呈
- 市内企業が最新家電で新婚カップルを祝福します -(詳しくはこちら

7月13日 月曜日 配信

 平成27年度より、結婚を希望する男女を対象に、出会いに関するイベントの開催や情報提供を行う「つばコンdeハッピー∞プロジェクト」を実施しています。
平成30年にツインバード工業株式会社の協力のもと、同社ショールームを会場に開催したイベントで出会ったお二人が成婚したため、お祝いとして同社の家電製品が贈呈されます。婚活イベントという性質上、ご本人の出席が難しいため、市長が代理で目録を受領しますのでお知らせいたします。

【贈呈式】
1.日時:7月27日 月曜 午後1時30分~
2.会場:燕市役所 3階 会議室301
3.出席者:贈呈者 ツインバード工業株式会社 代表取締役社長 野水 重明 様 、 鈴木市長
4.家電製品:冷蔵庫、オーブンレンジ、洗濯機、全自動コーヒーメーカー 計4点
5.カップルのプロフィール:
・男性(燕市在住)41歳、女性(燕市在住)30歳
・つばコンde Xmasクッキングパーティー参加
(平成30年12月2日開催、男女各15名参加、カップル成立6組)

本件についてのお問い合わせ先
企画財政部 地域振興課:小杉 電話:0256-77-8364(直通)

広報つばめ「子ども記者」9期生を募集!
-新型コロナウイルスに負けず、輝いている人たちを取材します-(詳しくはこちら

7月7日 火曜日 配信

今年で9年目となる「広報つばめ子ども版(子ども広報)」。広報紙に親しみを持ってもらうため「子どもたちがつくる、子どもたちのための広報」を発行します。
なお、今年は新型コロナウイルス感染症の影響で実施時期が2学期になります。また、対象を6年生のみ、募集人数を12名とし、感染症対策を実施しながら開催します。

【広報つばめ子ども版の概要】
1.発 行 日 12月15日 火曜
2.印刷仕様 全12ページ、フルカラー
3.発行部数 約35,000部
※市内全世帯+市内小学校全員に配付
【子ども記者の募集】
1.対 象 市内小学6年生 12名
2.応募方法 応募用紙を地域振興課へ提出
〔提出方法〕窓口、FAX、電子メール、郵送
〔応募用紙〕市内小学6年生全員に配付済みほか、地域振興課窓口、市ウェブサイトからダウンロード
3.応募締切 7月31日 金曜
【その他】
1.子ども記者第1回編集会議
○日時:9月2日 水曜 午後6時30分~ ○場所:燕市役所 会議室101
○感染症対策として例年行っている「任命式」は実施いたしません。
2.例年は、小学5・6年生を対象に、20名程度募集しています。
新型コロナウイルス感染症の拡大状況によっては、活動途中でも事業を中止する場合があります。

リンク:広報つばめ子ども版 令和2年度版(地域振興課)

本件についてのお問い合わせ先
企画財政部 地域振興課:滝沢 電話:0256-77-8363(直通)

燕市産トマトを小中学校の子どもたちへ
-納品の日程が変更になりました-(詳しくはこちら

6月29日 月曜日 配信


 5月22日付で連絡しておりました、燕地区園芸協会からトマトの寄附をいただく納品日程が下記のように変更となりましたので、お知らせします。
 
 納品の日程:7月1日 水曜 午後3時ころ 西部学校給食センター
       7月2日 木曜 午後3時ころ 東部学校給食センター

 【変更前】   : 7月2日 木曜 午前7時30分~ 西部学校給食センター
         7月3日 金曜 午前7時30分~ 東部学校給食センター

本件についてのお問い合わせ先
産業振興部 農政課:酒井 電話:0256-77-8245(直通)

広報つばめ6月15日号にクーポン券を掲載
-テイクアウト・デリバリーで頑張る市内飲食店を応援します-(詳しくはこちら

6月12日 金曜日 配信

 新型コロナウイルス感染症の影響で飲食店が苦戦する中、市では緊急対策として「がんばろう燕!応援クーポン」を発行しテイクアウト・デリバリーの利用促進を図り支援します。広報つばめ6月15日号にクーポン券を掲載しましたので、市民の皆さんから活用していただき、市内飲食店の応援をお願いします。

【がんばろう燕!応援クーポンについて】

1.発  行  広報つばめ6月15日号に掲載

2.使用店舗  市内68店舗(6月12日現在) ※6月30日まで受付中(※テイクアウト・デリバリーに限り使用可能、店内飲食での使用不可)

3.クーポン券 ・200円の割引券を8枚掲載(コピーしての使用不可)
       ・500円ごとに1枚使用可能
       ・使用期限令和2年8月31日(月曜日)

リンク:広報つばめ6月15日号(地域振興課)

本件についてのお問い合わせ先
産業振興部 商工振興課 :高橋 電話:0256-77-8232(直通)

「羽ばたけつばくろ応援事業」審査会を開催
-提案企画について熱意を込めたプレゼンテーションを行います-(詳しくはこちら

6月12日 金曜日 配信

燕市の将来を担う人材育成を目的とした「羽ばたけつばくろ応援事業」を平成27年度から開始し、これまで28件の企画を採用してきました。この事業は、社会参画を目指す目標の達成や夢の実現のために行う「自己啓発、学習、視察」や、「地域で取り組むイベント、地域活動」など、若者の主体的な活動を支援するものです。
今年度は3件の企画の応募があり、すべて1次審査(書類審査)を通過しましたので、2次審査をプレゼンテーション形式で行います。

【羽ばたけつばくろ応援事業審査会 概要】
1.日時:6月14日 日曜 午後1時30分~2時10分(予定)
2.会場:燕市役所 1階 101,102会議室
3.提案企画
・燕東小学校 飛翔学年 未来の燕「飛翔宣言」 ~深めよう!広げよう!「燕愛」~
・小池中学校生徒会 糸半(いとはん)プロジェクト ~いざというときに命を守ることができるために 今、私たちができること~ 
・燕市立小中川小学校 自分の夢とみんなの願いをかなえよう ~小中川小発見!エコバック推進運動~
4.審査項目  (1) 企画内容について (2) プレゼンテーションの仕方について
5.その他
・結果については後日郵送で申請者に通知をいたします。
・例年、審査会には地域の皆さまにもご参加していただいておりましたが、今年度は新型コロナウイルス感染症対策のため、最低限度の人数(申請者、審査員、学校関係者、学校教育課職員)で実施いたします。
・報道関係者の皆さまがご来場していただく際は、マスクを着用していただき、会場出入口での手指の消毒にご協力をお願いいたします。

リンク:令和2年度羽ばたけつばくろ応援事業(学校教育課)

本件についてのお問い合わせ先 教育委員会 学校教育課 :阿部 電話:0256-77-8195(直通)

スポーツ施設再開のお知らせ(詳しくはこちら

6月5日 金曜日 配信

 新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として臨時休館していましたスポーツ施設について、一部利用制限を設けて6月19日 金曜 から再開いたします。
 今後の感染状況等により、利用条件を見直す場合があります。

1.再開日 6月19日 金曜
2.再開する施設
施設名   再開にあたっての利用条件
吉田トレーニングセンター(ビジョンよしだ) ・当面の間、燕市民のみの利用
・事前予約制(電話予約可)
・利用時間は2時間ごとの入替制
・浴室・サウナ、ジャグジープール・ウオータースライダーは引き続き利用中止(シャワーは利用可)
・1回あたりの利用定員
プール60人程度、トレーニングルーム30人程度、スタジオ15人程度
※詳細は別紙参照
B&G海洋センター ・利用時間は1時間30分
・利用定員 45人程度
※詳細は別紙参照
屋内スポーツ施設(トレーニングルーム) ・混雑時に利用制限
学校開放(屋内・屋外) ・利用者による消毒の徹底

リンク:スポーツ施設(社会教育課)

本件についてのお問い合わせ先
教育委員会 社会教育課:廣田 電話:0256-77-8368(直通)

小中学生の学習環境を守るため就学援助の対象を拡大!
-新型コロナの影響により収入が減少した世帯を支援します-(詳しくはこちら

6月4日 木曜日 配信

 燕市は、新型コロナウイルス感染症対策として、国の緊急経済対策に加え、4月24日から市独自総合対策「ふるさと燕を守ろう!フェニックス11」を推進しています。
 このたび、フェニックス11の対策のひとつ「制度見直しによる生活弱者への支援」の強化策として、小・中学生の児童生徒がいる世帯で、新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した世帯を対象とした「新型コロナウイルス感染症に伴う就学援助」を新たに実施します。

【新型コロナウイルス感染症に伴う就学援助の概要】
 就学援助の認定は、通常だと前年の所得をもとに行いますが、今年になって家計が急変した世帯を救うために、今年の収入をもとに認定を行うことで就学援助の対象の範囲を拡大します。
※就学援助とは、経済的な理由により就学が困難な児童生徒の保護者に対し、義務教育を円滑に実施するため、学用品等の必要な費用を援助するものです。 

1.対象者
小学生・中学生の児童生徒がいる世帯で、新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変(給与の減少、失業等)した世帯

2.必要書類
(1)就学援助費申請書(押印したもの)
(2)収入が著しく減少したことを証明する書類(例:令和2年2月以降の給与明細、売上げの減少などを要件とした公的資金援助を受けたことを証明する書類、離職証明書など)※状況により必要書類が異なります。詳しくは下記担当までお問い合わせください。

3.申請期間
一次締切:6月30日(火曜日)※一次締切以降も随時受け付けますが、7月1日 水曜 以降は申請の翌月からの認定になります。

4.その他
申請書類は市のホームページからダウンロードできます。

リンク:就学援助制度(学校教育課)

本件についてのお問い合わせ先
教育委員会 学校教育課:志賀 電話:0256-77-8211(直通)

小中学生の学習環境を守るため就学援助の対象を拡大!
-新型コロナの影響により収入が減少した世帯を支援します-(詳しくはこちら

6月4日 木曜日 配信

 燕市は、新型コロナウイルス感染症対策として、国の緊急経済対策に加え、4月24日から市独自総合対策「ふるさと燕を守ろう!フェニックス11」を推進しています。
 このたび、フェニックス11の対策のひとつ「制度見直しによる生活弱者への支援」の強化策として、小・中学生の児童生徒がいる世帯で、新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した世帯を対象とした「新型コロナウイルス感染症に伴う就学援助」を新たに実施します。

【新型コロナウイルス感染症に伴う就学援助の概要】
 就学援助の認定は、通常だと前年の所得をもとに行いますが、今年になって家計が急変した世帯を救うために、今年の収入をもとに認定を行うことで就学援助の対象の範囲を拡大します。
※就学援助とは、経済的な理由により就学が困難な児童生徒の保護者に対し、義務教育を円滑に実施するため、学用品等の必要な費用を援助するものです。 

1.対象者
小学生・中学生の児童生徒がいる世帯で、新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変(給与の減少、失業等)した世帯

2.必要書類
(1)就学援助費申請書(押印したもの)
(2)収入が著しく減少したことを証明する書類(例:令和2年2月以降の給与明細、売上げの減少などを要件とした公的資金援助を受けたことを証明する書類、離職証明書など)※状況により必要書類が異なります。詳しくは下記担当までお問い合わせください。

3.申請期間
一次締切:6月30日(火曜日)※一次締切以降も随時受け付けますが、7月1日 水曜 以降は申請の翌月からの認定になります。

4.その他
申請書類は市のホームページからダウンロードできます。

リンク:就学援助制度(学校教育課)

本件についてのお問い合わせ先
教育委員会 学校教育課:志賀 電話:0256-77-8211(直通)

「燕青空即売会」開催中止のお知らせ(詳しくはこちら

6月4日 木曜日 配信

 10月4日(日曜日)に、つばめ物流センターで開催を予定しておりました「燕青空即売会」は、新型コロナウイルス感染症拡大が続いていることから、お客様と出店者等関係者の健康と安全を最優先に考え、今年度の開催を中止いたします。

 周知等にご協力いただければ幸いです。

●問い合わせ:燕青空即売会事務局(協同組合つばめ物流センター内) 電話:0256-63-7660

リンク:令和2年度 燕青空即売会開催中止のお知らせ(観光振興課)

本件についてのお問い合わせ先
産業振興部 観光振興課:松沢 電話:0256-77-8233(直通)

燕市産トマトを小中学校の子どもたちへ(詳しくはこちら
− 燕地区園芸協会が「トマト」を学校給食へ寄付 −

5月28日 木曜日 配信

 本格的なトマトの出荷シーズンを迎えたことを報告するために、燕地区園芸協会の役員が市長を表敬訪問します。
 その際、小中学校の子どもたちから地元産のトマトを味わってもらい、元気になってもらおうと、完熟トマト50箱を学校給食用に寄付いただきます(当日は目録のみ)。

【表敬訪問】
1.日時 5月28日 木曜日 午後1時30分~
2.会場 燕市役所 会議室302

【寄付について】
1.内容 トマト(桃太郎) 50箱(約200キログラム)
2.日程
 ・7月2日 木曜日 午前7時30分~ 西部学校給食センター
 ・7月3日 金曜日 午前7時30分~ 東部学校給食センター
 ※いずれも同日の給食に提供されます

【参考】もとまちきゅうりを学校給食に提供しました
本町そ菜出荷組合より寄付いただいた「もとまちきゅうり」は、5月19日(火曜日)に市内小中学校の学校給食で「もとまちきゅうりのさっぱり和え」として提供されました。

本件についてのお問い合わせ先
産業振興部 農政課:酒井 電話:0256-77-8245(直通)
 

マスクの寄贈について(詳しくはこちら

5月26日 火曜日 配信

 燕市教育委員会は、燕市立小・中学校の発展を願う市民の会より、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、教職員にマスクを寄贈したいとの申し出を受けました。
 つきましては、下記のとおりマスクを拝受しますのでお知らせいたします。

【概要】
◆マスクの寄贈について
〇期日:令和2年5月29日 金曜 16時~
〇場所:3階 教育長室
〇寄贈してくださる方:燕市立小・中学校の発展を願う市民の会 会長 細川 哲夫 様
〇寄贈するもの:不織布マスク 4000枚(学校の教職員用として)
〇その他:取材をご希望される場合は、3階 学校教育課までお越しください。

本件についてのお問い合わせ先
教育委員会 学校教育課:大森 電話:0256-77-8191(直通)
 

特別定額給付金の地区別臨時相談窓口を開設
-お困りの方の相談受付や、申請書の作成を支援します-(詳しくはこちら

5月19日 火曜日 配信

 燕市では、国の緊急経済対策を受け、特別定額給付金の支給手続きを進めており、オンライン方式と申請書ダウンロード方式で申請された方については、5月12日から随時支給を行っています。
 このたび、市から各世帯へ世帯構成員を記載した申請書の発送を終了したことから、5月25日 月曜 からお困りの方の相談や申請書の作成支援・受付をするため、市内3地区で臨時の相談窓口を開設します。
 なお、開設にあたっては新型コロナウイルス感染症拡大防止策を講じます。

【地区別臨時相談窓口の概要】
 1.開設期間:5月25日 月曜 から6月1日 月曜
 2.受付時間:午前9時 から 午後4時
 3.会場:密集を避けるため、広さを確保できる以下の会場で開設します。
 (1) 燕地区  : 燕市民体育館 アリーナ
 (2) 吉田地区 : 吉田産業会館 大ホール
 (3) 分水地区 : 分水公民館  大ホール
  ※ダウンロード申請方式は終了しましたので、郵送での申請が基本となります
  ※申請書の作成支援をご希望の方は、「申請者本人確認書類」と「振込先金融機関口座確認書類」をご持参ください(作成後は受け付けることができます)
  ※各会場のコピー機で確認書類のコピーをとることができます(1枚10円)

【来場される方へのお願い】
 新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、窓口にお越しの際は以下の点についてお願いします。
 ・発熱など体調のすぐれない方は、来場をご遠慮ください
 ・密集を避けるため、なるべく少人数での来場をお願いします
 ・来場される方はマスクを着用するなど、感染症拡大防止にご協力ください
 ・来場者の数によってはお待ちいただく場合がありますので、時間に余裕を持った上でお越しください

本件についてのお問い合わせ先
企画財政部 企画財政課 新型コロナウイルス感染症緊急経済対策班:小杉・荒木・外山
電話:0256-77-6722(直通)

立川談春独演会2020を中止します-(詳しくはこちら

5月18日 月曜日 配信

 燕市文化会館で開催を予定しておりました自主事業につきまして新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止いたします。

【立川談春独演会2020中止】
 7月23日(木・祝)燕市文化会館で開催を予定しておりました「立川談春独演会2020」は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から中止することとなりました。
 なお、先行販売でのチケットの払い戻し等に関してはサンライズプロモーション北陸までお問合せ下さい。
 
●払い戻し等お問合せ:サンライズプロモーション北陸  
        電話:025-246-3939 (火~金12:00~16:00、土曜10:00~15:00)

リンク:燕市文化会館ホームページ(社会教育課)
 
本件についてのお問い合わせ先
教育委員会 社会教育課 文化振興係:宇佐美 電話:0256-63-7002(直通)

ひとり親家庭等に臨時特別給付金を支給します
- 児童扶養手当の1か月分を令和2年5月21日に支給します -(詳しくはこちら

5月15日 金曜日 配信

 燕市では、新型コロナウイルス感染症緊急対策である「ふるさと燕」を守ろう!フェニックス・11   の取り組みの一つとして、ひとり親家庭等の生活を支援するため、児童扶養手当受給世帯に児童扶養手当の1か月分を追加で支給します。なお、令和23月に高校3年生だった児童も対象児童とします。

【ひとり親家庭等臨時特別給付金事業の概要】
 
対象世帯 530世帯
対象世帯にはお知らせを発送済み
対象児童 789人
(うち、令和2年3月に高校生だった児童68人を含む)
お知らせ発送日 令和2年5月 1日 金曜
受給拒否件数 0件
支給日 令和2年5月21日 木曜
支給額 児童扶養手当1か月分
ただし、支給額が1万円に満たない世帯へは1万円を支給
総支給額 21,170,790円
1世帯当たりの平均額 39,945円
 
【対象世帯詳細】
・令和2年4月分の児童扶養手当を受給した世帯
・令和2年3月分の児童扶養手当を受給した世帯で、令和2年3月に高校3年生だった児童のいる世帯
※児童扶養手当が支給停止の世帯には、ひとり親家庭等臨時特別給付金は支給されません。

本件についてのお問い合わせ先
健康福祉部 社会福祉課 :周佐 電話:0256-77-8186(直通)

田んぼアートの田植え作業日が変更になりました。
- 518日 月曜 に田植え作業を行います。-(詳しくはこちら

5月15日 金曜日 配信

 4月30日の燕市長の定例会見でご案内した今年度の田んぼアートについて、関係者で行う田植え作業日を天候の都合により、下記のとおり変更し実施します。
なお、田植え作業以外の項目(会場・図柄等)は変更ありませんので宜しくお願いします。

【田んぼアートの田植え作業】
1.日 時:5月18日 月曜
      8:30頃から  測量作業等
      13:30から  機械による田植え作業
 
2.場 所:燕市吉田ふれあい広場 西側の水田

リンク:田んぼアート(農政課)

本件についてのお問い合わせ先
産業振興部 農政課:大関 電話:0256-77-8242(直通)

帰省を自粛する県外の学生を応援する企画第3弾
- 学生たちの今後の生活を支援する「燕市就学援助金」をお知らせします -(詳しくはこちら

5月13日 水曜日 配信

 燕市では、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、帰省を自粛している学生に対し、市内有志の皆さんのご厚意による応援物資を届けています(4月10日、17日、24日付でリリース済み)。支援の輪がさらに広がり、「お菓子詰め合わせ」とあわせて、燕市独自の生活維持対策である「燕市就学援助金(貸与型)」のお知らせを同封します。

【概要】
 燕市では、市内有志の皆さんからのご厚意により、県外で暮らす燕市出身の学生たちに第1弾は「燕市産コシヒカリ5キロ」と「手作りの布製マスク1枚」、第2弾は「背脂ラーメン」を贈呈いたしました。応援物資の第3弾として、市内のお菓子屋さんや飲食店から提供された「お菓子詰め合わせ」を送ります。
 あわせて、燕市独自の新型コロナウイルス感染症緊急対策『フェニックス11』の一つである「燕市就学援助金(貸与型)」のお知らせを同封します。これは、新型コロナウイルス感染症等の影響により家計が急変した学生及び生徒を支援するもので、一人10万円(無利息)を一括貸与するものです。卒業後に燕市に住んで市内事業所等に就職すれば返還は免除になります。

〇対象:緊急事態宣言により燕市への帰省を自粛している、新潟県以外の都道府県で暮らす燕市出身の学生。(対象者数547人 5/13現在)
 
〇送付内容:お菓子詰め合わせ(5点程度)・ドリップコーヒー1パック・栄養ドリンク 1本(予定)・「燕市就学援助金(貸与型)」のお知らせ 1枚

〇支援者数:募金者数 事業所・個人併せて 54件(5/12現在)募金額 1,367,000円 ※味噌やラーメンなど、現物による支援もあります。

※5/14 木曜 午後1時30分から、つばめ産学協創スクエア(燕市宮町5-8 電話0256-64-8850)にて、有志の皆さんによる梱包・発送作業を行います。

本件についてのお問い合わせ先
企画財政部 地域振興課:楡井(にれい) 電話:0256-77-8364(直通)

「特別定額給付金の支給を明日から開始します」
-当初予定を1週前倒し、5月12日から支給開始-(詳しくはこちら

5月11日 月曜日 配信

 市では国の緊急経済対策を受け、特別定額給付金の支給に向けて準備を進めてきたところであり、5月1日からは、早急に給付金を必要とする方には、申請書ダウンロード方式による申請受付を行ってきました。
 このたび、早期支給に向け、支給日を1週前倒し、今月12日から支給を開始します。また、市からの申請書の郵送方式による申請書の発送を今月18日から開始することとしました。

【特別定額給付金の申請・支給の概要】

1.特別定額給付金の支給日(第1回)
5月12日 火曜 支給 (432世帯・1,302人分を支給)
・当初発表の「5月18日頃」を1週前倒しで支給開始
 
2.郵送方式 〈市から郵送された申請書に記載・返送する方式〉
5月18日 月曜 より申請書を発送
・市から各世帯へ世帯構成員が記載された申請書類を発送
・申請書受領後、最短3日程度で支給予定
 
※ 感染症拡大防止のため、原則、郵送又はオンライン方式の利用をお願いします
※ 申請手続等について電話相談窓口を開設しています(下記お問い合わせ先)
※ 現在、申請方法等についてお困りの方への臨時相談窓口等の開設について検討しているところであり、決定次第ご案内いたします

本件についてのお問い合わせ先
企画財政部 企画財政課 新型コロナウイルス感染症緊急経済対策班:小杉・荒木・外山
電話:0256-77-6722(直通)

「事業所向け緊急支援策が全てスタートしました」
-5月12日から支給を開始します-(詳しくはこちら

5月11日 月曜日 配信

 本日11日から、燕市の新型コロナウイルス感染症緊急対策「ふるさと燕を守ろう!フェニックス」をはじめとする事業所向け緊急支援策の受付がすべてスタートしました。先行して月27日から受付を開始していた補助金は、明日12日から支給を開始します。

【事業所向け緊急支援策】
 
土地・建物賃借料補助金 テイクアウト・デリバリー推奨補助金
雇用調整助成金活用促進補助金 デリバリーサービス連携補助金
雇用継続支援助成金 がんばろう燕!応援クーポン
県制度融資に対する信用保証料の補給 市内飲食店応援サポート補助金
信用保証枠の拡充 感染症対策商品の開発支援
テレワーク等BCP推進補助金  
※各支援制度の詳細は市のホームページをご覧ください。
「燕市 新型コロナ 支援策」で検索

●申請方法
市のホームページから申請書をダウンロードし、必要書類を添えて郵送、FAX、またはEメールにて申請
※申請書は商工振興課窓口にも設置
※FAX、Eメールは後日申請書の原本を提出
●支給日
5月12日 火曜から順次支給開始
申請書受付から最短5営業日程度で指定口座に振込

本件についてのお問い合わせ先
産業振興部 商工振興課:山崎・高橋・小澤・佐藤 電話:0256-77-8232(直通)

「つばくろWeb」の開設について(詳しくはこちら

4月24日 金曜日 配信

 燕市教育委員会では、燕市の児童生徒に向けて学習コンテンツ等を配信する「つばくろ」を燕市のホームページに開設します。現段階では、ジャック&ベティの動画が準備されていますが、今後さらに様々な動画等を配信する予定です。

【概要】
◆「つばくろWeb」について
〇燕市のホームページに、燕市の児童生徒限定の特設サイトとして開設します。
〇ジャックベティ プロジェクトでは、燕市のALTや英語指導助手などによるレッスン動画等を随時掲載していきます。動画でのレッスンは、何回でも繰り返し視聴できますので、児童生徒は自分のペースで学習することができます。
〇今後は、「ジャック&ベティ」以外にも、児童生徒の学習教材などを随時掲載していく予定です。
〇児童生徒への周知については、学校を通じて27日以降に行います。
○その他
・「つばくろWeb」は教科書教材の活用も想定していますが、著作権等の制約から、燕市の児童生徒に限定して公開します。ご覧になりたい報道関係者は、3階 学校教育課までお越しください。



(燕市ホームページにある「つばくろWeb」のアイコンと「ジャック&ベティ」のコンテンツのイメージ)

本件についてのお問い合わせ先
教育委員会 学校教育課:廣川・小池 電話:0256-77-8191

テイクアウト等の情報発信で市内飲食店を後押し
-「つばめおうちでお店ごはん」「弁当・惣菜のワンコイン提供」-(詳しくはこちら

4月22日 水曜日 配信

 新型コロナウイルス感染症の影響が大きい飲食店を支援するための取り組みを計画・実施しています。TSUBAME×ACTIONSと(株)MGNETでは、「食卓燕満プロジェクト」として段階的な取り組みを計画し、第1弾として市内でテイクアウトを行う店舗の情報をSNS等のページで周知する取り組みをスタートします。
 また、分水飲食店組合・分水鮮魚組合・分水商工会が連携し、ワンコインでのお弁当やお惣菜の提供を行う店舗をまとめた情報発信をしています。

【各飲食店支援の取り組み概要】
食卓燕満プロジェクト「つばめおうちでお店ごはん」
1.対象:燕市内飲食店(仕出し、テイクアウト、デリバリー対応可能な店舗)
2.内容:各店舗のテイクアウト等のメニュー、営業時間、住所、電話番号といった基本情報や配達地域、一押しメニューなどを紹介
3.発信方法:SNS(Instagram、Facebook上の専用アカウント)
取材対応します
日時:令和2年4月23日 木曜 13:00~15:00
場所:Drink Space hoihoi(燕市吉田2756-1)店頭にて
対応者:TSUBAME×ACTIONS、(株)MGNET
「TSUBAME×ACTIONS」とは
 市内飲食店、農家、企業などの異業種同士が協働しながら、農業と工業が料理を通じて一つになる伝統的な燕独自の文化を広く発信し、未来へ繋げていく活動を行っている組織。

ワンコインでのお惣菜・お弁当提供
内容:分水地区でテイクアウトやデリバリーでの提供が可能な各店が、500円で惣菜や弁当を提供し、その情報を取りまとめた情報を発信しています。

お弁当の画像 

本件についてのお問い合わせ先
TSUBAME×ACTIONS 担当:大橋 電話:080-1045-2590
株式会社MGNET 担当:佐野 電 話:090-5203-9677
分水商工会 担当:平出 電話:080-5465-6122
産業振興部 商工振興課:山田 電話:0256-77-8231(直通)

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のための燕市役所の取組について (詳しくはこちら

4月20日 月曜日 配信

【庁舎における感染防止の取組】
1.執務スペースの分散化
・職員の感染やそれに伴う濃厚接触者の拡がりによる庁内業務の滞りを防ぐため、課(所属)を2~3の班に分け、一部の職員を利用していない会議室、4階スカイラウンジ等の打ち合わせスペース、庁外施設(東部・西部給食センター、産業史料館、中央公民館等)に移動
2.窓口カウンターにおける間仕切りの設置
・窓口における飛沫防止のため、窓口カウンターに間仕切りとして透明シート(OPPフィルムシート)を設置
3.定時換気、定時消毒の実施
・1時間に1回、5分間の定時換気を実施
・2時間に1回、カウンターテーブル、ドアノブ等の定時消毒を実施

カウンターの間仕切り      
カウンターの間仕切り(OPPフィルムシート)

リンク:新型コロナウイルス感染症に関する情報について(防災課)

本件についてのお問い合わせ先
 総務部 総務課:杉本  /  総務部 防災課:五十嵐 電話:0256-77-8312(直通)

燕市は帰省を自粛する学生の対象を全国に拡大します
- 緊急事態宣言の対象が全国拡大しても、応援を継続します -(詳しくはこちら

4月17日 金曜日 配信

  燕市では、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、燕市への帰省を自粛している学生に対して、市内有志の皆さんのご厚意による応援物資を届けています(4月10日付でリリース済み)が、引き続き、対象区域を全国に拡大して応援します。

【概要】
 現在、燕市では、緊急事態が宣言された区域から燕市への来訪の自粛をお願いしています。そんな中、「燕市への帰省を自粛している学生を応援したい」という市内有志の皆さんから声をいただき、4月10日から、「燕市産コシヒカリ5キロ」と「手作りの布製マスク1枚」を届けています。
 今回、緊急事態宣言の対象区域が全国に拡大することに伴い、新潟県を除くすべての都道府県において、帰省を自粛している燕市出身の学生に対し、「燕市産コシヒカリ5キロ」と「手作りの布製マスク1枚」を届けることとします。

○対象 緊急事態宣言により燕市への帰省を自粛している、新潟県以外の都道府県で暮らす学生。※応募することで、東京つばめいとのメンバーに登録されます。
○応募方法 専用応募フォーム(燕市ホームページに掲載)から住所・氏名等を入力して応募
○送付内容 燕市産のコシヒカリ5kg 手作りの布製マスク1枚 ほか ※4月16日以前に受付したものとは内容が異なる場合があります。

リンク:燕市は帰省を自粛する学生の皆さんを応援します(地域振興課)

本件についてのお問い合わせ先 企画財政部地域振興課:楡井(にれい)電話:0256-77-8364(直通)

燕市職員採用試験(令和3年4月採用)
- 第1次試験をWEBテスト方式で実施します -(詳しくはこちら

4月15日 水曜日 配信

 令和3年4月1日採用予定の職員採用試験(前期試験)を実施します。
 新型コロナウイルス感染症拡大の状況を考慮し、受験するみなさんが安全かつ安心して試験に臨めるよう、第1次試験を従来の集合型試験からWEBテスト方式に変更します。WEBテストは、自宅や学校などのパソコンから受験することができます。

【前期試験の募集概要】
1.募集職種

日程 区分 試験職種 採用予定人数 受験資格
前期試験 大学卒業程度 一般行政 10人程度 平成3年4月2日から平成11年4月1日までに生まれた人
土木 若干名 平成3年4月2日から平成11年4月1日までに生まれた人で土木の専門科目履修(または履修見込)
資格免許職 保健師 若干名 平成3年4月2日から平成11年4月1日までに生まれた人で保健師免許を取得(または取得見込)

2.申込方法
インターネット(燕市かんたん申請・申込システム)による電子申請で申し込み
3.受付期間
令和2年4月15日 水曜 8時30分から5月8日 金曜 15時00分まで
4.第1次試験
・科目
(1) 基礎能力試験(言語的理解力・数量処理能力・論理的思考力)《WEBテスト》
(2) 性格診断検査《WEBテスト》
(3) 自己アピールシート試験《指定様式により郵送で提出》
・受験期間
令和2年5月下旬から6月上旬(詳細は申込者へご案内します。)
5.その他
第2次試験は7月上旬、第3次(最終)試験は7月下旬を予定しています。
試験内容の詳細については、燕市ホームページに掲載しています『燕市職員採用試験案内』をご覧ください。

リンク:燕市職員を募集します(総務課)

本件についてのお問い合わせ先 総務部総務課:藤野・松井 電話:0256-77-8318(直通)
 

燕市にあった私塾 長善館のPR映像完成!
- 困った人を救い、学んだことを実行せよを学是とした -(詳しくはこちら

4月13日 月曜日 配信

1833年に燕市粟生津に開塾し、閉校までの約80年間で1,000名を超える門下生を輩出し「西の松下村塾 東の長善館」と称された長善館を紹介するプロモーション動画が完成しました。創設者鈴木文台はじめ歴代館主の教育観や各方面で活躍した門下生などを判りやすく紹介しています。

【長善館プロモーション動画の概要】
■タイトル:「越北之鴻都(えつほくのこうと) 私塾 長善館」(※)
■制作:燕市 燕市教育委員会
■監修:燕市長善館史料館
■仕様:ブルーレイ・DVD画像(ショートバージョン9分46秒 ロングバージョン11分43秒)
■内容:元NHKアナウンサー国井雅比古氏によるナビゲーション形式を採用し、地元の高校生などの主演で、当時の授業風景の再現映像も盛り込み、臨場感のある演出をしています。
歴代館主の教育方針、授業の方法、門下生の活躍ぶりなどをメインに構成しています。2022年に通水100年を迎える大河津分水の建設には門下生が大きく尽力していることなども盛り込んでいます。
■配布:
・燕市長善館史料館、市内図書館に設置し、一般から閲覧していただきます。(新型コロナ対応による施設の開館・利用状況にご注意ください)
・市内の小中学校に配布し、社会科や総合的な学習の教材として使用します。
・市役所のホームページにて動画を公開します。(4月13日より)
※「越北之鴻都」・・越後の学問の中心という意味。

動画はこちらから

本件についての問合せ先
●映像など全般に関して 企画財政部地域振興課:楡井 0256-77-8361
●社会教育分野に関して 教育委員会社会教育課:松島 0256-63-7002
●学校教育分野に関して 教育委員会学校教育課:中山 0256-77-8191
 

燕市は帰省を自粛する学生の皆さんを応援します
- 燕市産のコシヒカリ5キロと布製マスク1枚を差し上げます -(詳しくはこちら

4月10日 金曜日 配信

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、燕市への帰省を自粛している、緊急事態が宣言された区域に住む学生に対し、市内有志の皆さんからのご厚意で、燕市産のコシヒカリ5キロと手作りの布製マスク1枚を送ります。

【概要】
令和2年4 月8日に、「新型コロナウイルス感染症に関する市の方針とお願い」と題して、燕市ホームページに掲載した市長のメッセージにもありますように、現在燕市では、緊急事態が宣言された区域から燕市への来訪の自粛をお願いしています。
そんな中、燕市への帰省を自粛している学生の若者たちを応援したいという市民有志の皆さんからの声をいただき、平成27 年度から、首都圏在住の燕市出身者を対象に実施してきた「東京つばめいと」事業のネットワークを生かし、燕市産のコシヒカリ5キロと手作りの布製マスク1枚を送りたいと考えています。
〇対象 緊急事態宣言により燕市への帰省を自粛している、緊急事態が宣言された区域に住む学生の中で、すでに東京つばめいとのメンバーか、新たに東京つばめいとのメンバーに登録をする人
〇応募方法 専用応募フォーム(燕市ホームページに掲載)から住所・氏名等を入力して応募
〇送付内容 燕市産のコシヒカリ5kg手作りの布製マスク1枚
※応募の受付は4/10 金曜 の夜から。発送は4/13 月曜 以降を予定しています。

リンク:燕市は帰省を自粛する学生の皆さんを応援します(地域振興課)

本件についてのお問い合わせ先 企画財政部地域振興課:楡井(にれい)電話:0256-77-8364(直通)

新型コロナウイルス感染症に関して燕市民の皆様へ市長よりメッセージを発出しました

4月8日 水曜日 配信

 4月7日に国から緊急事態宣言が発令されたことなどを受け、別紙のとおり「新型コロナウイルス感染症に関する市の方針とお願い」について、市民の皆様へ市長よりメッセージを発出しましたのでお知らせします。
燕市長メッセージの全文はこちら

リンク:新型コロナウイルス感染症に関する情報について(防災課)

本件についてのお問い合わせ先 総務部防災課:五十嵐 電話:0256-77-8381(直通)

これまでの報道発表資料

Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

企画財政部地域振興課

電話番号:0256-77-8363

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る