本文へジャンプする

現在のページ

市政情報

在外投票制度について

外国にいても日本の国政選挙(衆議院議員選挙、参議院議員選挙)の投票ができます。

投票するには、まず居住地の地域を管轄する在外公館(大使館・総領事館)で在外選挙人名簿への登録を申請する必要があります。
登録された方には、投票時に必要な「在外選挙人証」が、申請先の市区町村選挙管理委員会から大使館・総領事館を通じて交付されます。

登録資格

次のすべてに該当する方です。

  • 年齢が満18歳以上の方
  • 日本国籍をお持ちの方
  • 海外に3ケ月以上お住まいの方
  • 住所を管轄する大使館・総領事館の管轄区域内に引き続き3ケ月以上お住まいの方)

ただし、居住国への帰化などで日本国籍を失った方、公民権停止を受けている方は対象になりません。

申請方法

居住地を管轄する在外公館(大使館や総領事館)の領事窓口に申請してください。

  • ※申請書は在外公館に置いてあります。
  • ※受付時間は、在外公館の領事窓口の受付時間ですので申請の際は事前にお調べください。
  • ※申請時において3ケ月以上住所を有している必要はありません。在留届の提出時に同時に申請できます。(この場合は、在外公館が3ケ月以上住んでいることを確認したのちに登録されます。)
  • ※同居家族(在留届に記載されている同居家族等)を通じて、本人が署名した申請書等により申請することもできます。

在外選挙人名簿の登録市区町村

日本国内の最終住所地の市区町村の選挙管理委員会となります。

ただし、次のいずれかの場合は申請時の本籍地の市区町村選挙管理委員会となります。

  • 平成6年(1994年)4月30日までに出国された方
  • 国外で生まれ、日本で暮らしたことがない方

申請時の提出書類

  • 旅券(提示できない場合は、旅券に代わる身分を証明する書類)
  • 住所を定めた日から申請日まで、領事館の管轄区域内に居住していることを証明する書類

※同居家族等を通じた申請は、上記書類のほかに「同居家族等の旅券」及び「申出書」が必要です。

投票の方法

対象となる選挙は、衆議員議員及び参議院議員の選挙です。(補欠選挙、再選挙を含む)
選挙できる選挙区は、登録された市区町村の属する選挙区です。

投票の方法は次のいずれかになります。

在外公館投票

直接大使館・総領事館に出向き、「在外選挙人証」と「旅券」等を提示して投票する方法です。

郵便等投票

登録市区町村の選挙管理委員会に対して、投票用紙の交付申請を行い、入手後に記載のうえ、選挙管理委員会へ返送する方法です。

日本国内における投票

一時帰国等により、国内で投票する方法です。
期日前投票・不在者投票は国内と同じ手続きで、選挙日当日は指定された投票所で投票できます。


詳しい投票の方法については、居住地地域を管轄する在外公館、または登録市区町村の選挙管理委員会へお問い合わせください。(手続き等に時間がかかる場合がありますので、なるべくお早めにお問い合わせください。)

このページに関するお問い合わせ

選挙管理委員会事務局

電話番号:0256-77-8313

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る