○燕市災害見舞金支給規程

平成18年3月20日

告示第16号

(趣旨)

第1条 この告示は、災害により死亡した又は住宅に被害を受けた市民に対する見舞金等の支給に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この告示において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 災害 暴風、豪雨、豪雪、洪水、地震、地すベり等の自然災害及び火災により、被害が生ずることをいう。

(2) 市民 災害が発生した当時、本市の区域内に住所を有した者をいう。

(3) 住宅 災害が発生した当時、本市の区域内に所在する専用住宅及び併用住宅のうち、現に居住の用に供している部分をいう。

(見舞金等の支給)

第3条 市は、市民が災害により死亡したときは、その者の遺族に対し、弔慰金としてl人当たり3万円を支給する。

2 市は、市民が災害により次の各号に掲げる被害を受けたときは、世帯主に対し当該各号に掲げる見舞金を支給する。

(1) 住宅の全焼又は全壊 10万円

(2) 住宅の半焼又は半壊 5万円

3 前項の被害程度の決定は、自然災害にあっては市民生活部税務課が、火災にあっては燕・弥彦総合事務組合消防本部が発行する被災証明書によるものとする。

(支給の制限)

第4条 見舞金等については、前条の規定にかかわらず、次に掲げる場合は、支給しない。

(1) 燕市災害弔慰金の支給等に関する条例(平成18年燕市条例第22号)の規定に基づく災害弔慰金の支給を受けた場合

(2) 見舞金等の受取人となる者の故意又は重大な過失による場合

(補則)

第5条 見舞金等の支給対象となる当該災害が災害救助法(昭和22年法律第118号)若しくは燕市災害救助条例(平成18年燕市条例第20号)に適用された場合又はこれに準ずる大規模災害が発生した場合は、市長は、第3条の規定にかかわらず、他に基準を定め、見舞金等を支給することができる。

(その他)

第6条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、その都度市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成18年3月20日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに、合併前の燕市住宅災害見舞金支給要綱(平成4年燕市制定)又は吉田町災害見舞金支給規程(昭和44年吉田町告示第28号)の規定によりなされた手続その他の行為は、それぞれこの告示の相当規定によりなされた手続その他の行為とみなす。

燕市災害見舞金支給規程

平成18年3月20日 告示第16号

(平成18年3月20日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 市長部局/第9節 災害対策
沿革情報
平成18年3月20日 告示第16号