○燕市職員の外国旅行の旅費に関する条例

平成18年3月20日

条例第56号

(趣旨)

第1条 この条例は、公務のため外国に旅行する職員及び職員以外の者が市の機関の依頼又は要求に応じ、公務のため外国に旅行した場合の旅費の支給に関する事項を定めるものとする。

(本邦通過の場合の旅費)

第2条 外国旅行中本邦を通過する場合には、その本邦内の旅行について支給する旅費は、燕市職員旅費支給条例(平成18年燕市条例第55号)に規定するところによる。ただし、外国航路の船舶又は航空機により本邦を出発し、又は本邦に到着した場合における船賃又は航空賃並びに本邦を出発した日からの日当及び食事料又は本邦に到着した日までの日当及び食事料については、この条例の規定するところによる。

(鉄道賃)

第3条 鉄道賃の額は、次に規定する旅客運賃(以下この条において「運賃」という。)、急行料金及び寝台料金(これらのものに対する通行税を含む。)による。

(1) 運賃の等級を3以上の階級に区分する線路による旅行の場合には、最上級の直近下位の級の運賃

(2) 運賃の等級を2階級に区分する線路による旅行の場合には、上級の運賃

(3) 公務上の必要により別に急行料金又は寝台料金を必要とした場合には、前2号に規定する運賃のほか、現に支払った急行料金又は寝台料金

(船賃)

第4条 船賃の額は、前条の階級区分の規定を準用し、その当該旅客運賃及び公務上の必要により現に支払った寝台料金とする。

(航空賃)

第5条 航空賃の額は、次に規定する旅客運賃(以下この条において「運賃」という。)による。

(1) 運賃の等級を2以上の階級に区分する航空路による旅行の場合には、次に規定する運賃

 議会議員、特別職その他これらに準ずる職務にあるものについては、最上級の運賃

 に掲げるもの以外のものについては、最上級の直近下位の級の運賃

(2) 運賃の等級を設けない航空路による旅行の場合には、航空機の利用による運賃

(車賃)

第6条 車賃の額は、実費額による。

(日当、宿泊料及び食事料)

第7条 日当及び宿泊料の額は、旅行地の区分に応じた別表の定額による。

2 第3条第3号の規定により寝台料金を支給する場合における宿泊料の額は、前項の規定にかかわらず、旅行先の区分に応じた別表の定額の10分の7に相当する額による。

3 食事料の額は、水路又は航空旅行の夜数に応じ、別表の定額により支給する。ただし、船賃又は航空賃のほか、別に食費を要しない場合には、支給しない。

(旅行雑費)

第8条 旅行雑費の額は、旅行者の予防注射料、旅券の交付手数料、外貨交換手数料及び入出国の実費額による。

(旅費の調整)

第9条 旅行が特別の事情のため、この条例の規定による旅費の支給を適当としない場合においては、別に市長の定める旅費を支給することができる。

(その他)

第10条 この条例に定めるもののほか、外国旅行の旅費の支給については、燕市職員旅費支給条例の規定の例による。

附 則

この条例は、平成18年3月20日から施行する。

別表(第7条関係)

日当(1日につき)

宿泊料(1夜につき)

食事料

(1夜につき)

指定都市

甲地方

乙地方

丙地方

指定都市

甲地方

乙地方

丙地方

6,200円

5,200円

4,200円

3,800円

19,300円

16,100円

12,900円

11,600円

5,800円

備考

1 この表において、指定都市、甲地方、乙地方及び丙地方とは、国家公務員等の旅費に関する法律(昭和25年法律第114号)別表第2の1の備考2に規定する地域をいう。

2 船舶又は航空機による旅行(外国を出発した日及び外国に到着した日の旅行を除く。)の場合における日当の額は、丙地方につき定める定額とする。

燕市職員の外国旅行の旅費に関する条例

平成18年3月20日 条例第56号

(平成18年3月20日施行)