○燕市交通安全対策会議規則

平成18年3月20日

規則第113号

(趣旨)

第1条 この規則は、燕市交通安全条例(平成18年燕市条例第137号)第6条第3項の規定に基づき、燕市交通安全対策会議(以下「対策会議」という。)の組織及び運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(会長及び委員)

第2条 会長は、市長をもって充てる。

2 会長は、会務を総理する。

3 会長に事故があるときは、あらかじめ会長の指名する委員が、その職務を代理する。

4 委員は、次に掲げる者をもって充てる。

(1) 国の関係地方行政機関の職員のうちから市長が任命する者

(2) 新潟県の部内の職員のうちから市長が任命する者

(3) 新潟県警察の警察官のうちから市長が任命する者

(4) 部内の職員のうちから市長が指名する者

(5) 教育長

(6) 燕・弥彦総合事務組合消防本部の長又はその指名する者

(7) 財団法人燕市交通安全協会長

(特別委員)

第3条 対策会議に、特別の事項を審議させるため必要があるときは、特別委員を置くことができる。

2 特別委員は、陸上交通に関する事業を営む公共的機関の役員又は職員のうちから、市長が任命する。

3 特別委員は、当該特別の事項に関する審議が終了したときは、解任されるものとする。

(会議)

第4条 対策会議は、年1回以上開催するものとし、会長が招集し、会長がその議長となる。

2 対策会議は、委員の3分の2以上が出席しなければ開くことができない。

3 対策会議の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

4 会長は、必要があると認めるときは、委員以外の者に対し、会議に出席させてその意見を聴き、又は必要な資料の提出を求めることができる。

(庶務)

第5条 対策会議の庶務は、市民生活部生活環境課において処理する。

附 則

この規則は、平成18年3月20日から施行する。

燕市交通安全対策会議規則

平成18年3月20日 規則第113号

(平成18年3月20日施行)

体系情報
第8編 生/第6章 交通対策
沿革情報
平成18年3月20日 規則第113号